人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年8月14日

【SUPER GT チームの舞台裏にお邪魔してみました】19号車 TGR TEAM WedsSport BANDOH 坂東正敬監督&宮田莉朋選手

SUPER GT by 島村 元子
  • Line

B:ただ、他のチームと違うのは、僕は監督っていうよりもチームオーナーで、それ(レースに関わること)を全部やっているっていう人が(他のチームには)いないからね。それに僕はクルマのことを莉朋にああじゃない、こうじゃないって言える立場じゃないから。少しでもよりいい環境で(レースが)できればって(思っている)。予選(結果)がいいときだけ『好きなもの、食べていいよ』って。それくらいしか言わないもんね。

M:そうですね。はい。

B:でも逆に、他の(チームの)エンジニアとのやり方はどうやってんのとか、外人のシミュレーターのエンジニアはどんな感じなのとか、そういうのは莉朋が教えてくれるもんね。

M:まぁそうですね。これは個人的な見方ですけど、どうしても坂東さん(チーム)っていうかヨコハマタイヤとGTをやっている以上、今は勝ち目がないっていう見られ方がやっぱり多くて。それって、逆に勝てば大きな結果だと思っているんで。例えば、僕がSF(スーパーフォーミュラ)でトムスに乗っているのであれば、トムスがどういう風にやっているのかっていうその経験を、少しでも坂東さんのところで活かせるのであれば活かしたい。(トムスのように)GTでもチャンピオン争いをしているチームが、SFとやり方が違うとは思わないので。タイヤメーカーが違う(※4)っていうのが当然ありますけど、例えば坂東さんのチームだけやり方が全然違う場合であれば、トムスの方に寄せるのはアリだと思うし、逆に坂東さんの方がやりやすければそのままその方針でやるべきだと思っているので。だから「勝つべきにどうすべきか」っていうのをいつも考えていたんで、そういう部分の情報は、僕から結構伝えてますね。

※4:トムスはブリヂストンタイヤを装着

【マサ監督、”伸び盛り”莉朋に迫る!】

──またしても、筆者に語りはじめる監督。

B:ヤマケンとか坪井とかと全然違います。多分、(今が)すごい成長期。自分が目指しているものとやりたいことが合致してて、それが結果で繋がっている。ほんとはここでSFでチャンピオンを獲ってくれると、さらに世界にいけると思うんで。他のスポーツ選手で、例えばメンタルだったり、『ヤバい、結果が出ないからどうしよう』とか、自分に焦っているっていうか自分に自信がないと見受けられるときがあるんです。特にウチなんかでずっと結果が出なかったときに『どうしよう、どうしよう』ってドライバーは焦ると思うんです。『来年どうしよう、どこ(のチーム)に行けるかな』とか。でも、宮田選手は、すべて答に対して『こういう風にやっていけば、こういう答が出る』っていう風に、偶然というものがなくて。一個一個やっていけばこういう風に結果が出るでしょう、こうやればコンマ1秒上がるでしょう、と。だから、僕なんか(第2戦)富士でポール(ポジション)を獲ったときに、多分ものすごい偶然が重なって出たタイムなんだろうなと思ってても、莉朋の頭の中では、『タイヤの温め方がどうで、自分でこういう風にアタックしたから完璧なタイムが出たんです」(という感じ)。運を味方にしている部分ももちろんあるし、僕も『(ポールポジションが獲れて)ラッキーでした!』って言ってるけど、先日、タイムの分析をヨコハマタイヤさんがしてくれて、どこのセクターでどんだけ速くて(チームドライバーの)国本(雄資)と何が違ったのかを見せてもらったんですが、多分相当頭を使いながら一個一個自分のトライを全部頭の中に入っているんじゃないかと。最初、『(宮田は)そんなに頭良くないのかな』って思ってたんですね(笑)。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ