人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年8月14日

【SUPER GT チームの舞台裏にお邪魔してみました】19号車 TGR TEAM WedsSport BANDOH 坂東正敬監督&宮田莉朋選手

SUPER GT by 島村 元子
  • Line

【宮田選手は、GT参戦が"苦痛!?"】

19号車 WedsSport ADVAN GR Supra

19号車 WedsSport ADVAN GR Supra

B:ちなみに、一番苦しかったときっていつ?

M:えー、ほんと申し訳ないんですがGTが一番苦痛で……。

B:(笑)。

M:と言うのは、今までF4とかF3、SFもそうですけど(ドライバー)みんなが同じタイヤで同じクルマで(戦っている)。F3はエンジンが違いましたけど、頑張れば優勝争いが絶対できるじゃないですか。だけどGTって、例えば(開幕戦の)岡山もそうですけど、(使用できるタイヤの)セット数が限られちゃって、タイヤはグレイニング(ささくれ立つ)だらけで何も勝負できないし。『なんのためにサーキットへ来たんだろう?』って毎回……。ほぼほぼ毎年岡山ってそういう思いで来てるんですよ。だけど多分、名前を挙げるとしたら、阪口晴南選手は僕と真逆でほんとにBSしか乗ってないんで。全然もう、注目も違うし。僕はヨコハマとダンロップでしかまだGTに乗ったことないですけど、どんだけ頑張っても、なんとかポイントを獲れるくらいで。彼らはあの体制なんで、いきなりポンと(クルマに)乗ってトップ争いして。『あ、やっぱ阪口速いんだな』、みたいな。(それに比べて)『全然GTでは注目されないじゃん、自分……』と思って。

B:(苦笑)

M:だから、GTはなんだかんだいって、一番苦痛……。苦痛なんですけど、ただじゃあ努力して開発して、クルマもタイヤも全部チームのみんなで頑張って、やった結果が富士のような結果だったり、もてぎだったりとか。なにか一発でも結果を残したときの感動(が大きい)じゃないですか。喜びっていうのは多分、他のチームでやってたら絶対ないですね。ほかはやっぱり勝つのが当たり前な体制でやってたら、ポールを獲っても『当たり前だよね』みたいになるんですけど、頑張んなきゃというか、みんなで何かしなきゃいけない状況でポールを獲ったり、表彰台だ、優勝争いだ、っていうことになったらそっちのほうが感動したりとか、この体制でやってるからこそ自分が納得する喜びっていうのがうれしいし、この経験は絶対この先のレースキャリアでもすごく活きると思うんで。そういう意味ではGTが一番イヤな部分でもありますけど、今後のキャリアにおいてはすごく活きる経験じゃないかと思ってます。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ