人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年7月7日

【SUPER GT チームの舞台裏にお邪魔してみました】8号車 ARTA 野尻智紀/ライアン・ディングル チーフエンジニア

SUPER GT by 島村 元子
  • Line

R:そうだね、去年の最初のほうはほんとに野尻が言ってたように、今までの経験から今までのこのポイントまでの来た道が違うから、お互いにはいろいろどうやってこれを伝えてっていうのは本当にあったた。ただ去年もそうだったけど、シーズンが進むとそれが良くなってて、今年は結構いいところまで来たって(感じ)。まだまだとは思うけど、英語(の表現)だと”同じページで読める”(※6)みたいな感じで……。彼が『こういうコーナーでアンダーステアがある』と言っても、最初のほうは僕が理論というかセオリーすぎて。ちょっとドライバーの立場っていうのをあまりうまく考えてなくて、野尻のフィードバックから(気がついて)もっと彼だったらこういうふうなセット変更をやれば、多分望んでいる方向性には行けるかなっていう想像はできるようになったんだけど。(想像が)できるようになったばかりだから、これからもっとしっかりやっていけると思う。

──改めて、お互いの”ファーストインプレッション”を
N:一番最初のテストって岡山だったかな? そのとき(ライアン氏が初めてセッティングした)クルマにパッと乗った感じは『あれ!?、なんか良く(クルマが)曲がるし、調子いいなぁ』とは思ってたけど、なんか(シーズンが)進んでくると、『あれっ!? なんかおかしいなぁ」(苦笑)みたいな感じがあったかな。最初はすごい僕も仁嶺もある程度満足はしていたし、周りに比べても速く走れてたんで。気になるところはありましたけど、それは、昨年から変わったクルマ(※7)の特性だったりもするのかなぁっていう部分として(受け止めていた)。悪くいうと、ネガティブなところを(ライアン氏に)あまり伝えずに、クルマの特性なんだなというところで理解をしてしまっていたというところはありました。でも概ね最初はすごい乗りやすいクルマだったんで、すごくホッとしたという感じはありました。

R:あのとき難しかったのは、ちょうどシャシーが変わった年だから、僕のセットは以前に(8号車を)担当した(エンジニアの)星(学文)さんのセットから結構変わって、セットアップの面で変わってたのか、クルマの面で変わってたのかというと、多分ドライバーの立場からでは(判断するのは)すごく難しかったと思う。それをなんかいろいろ考えながら一年目をやっていたような気がする。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ