人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年7月7日

【SUPER GT チームの舞台裏にお邪魔してみました】8号車 ARTA 野尻智紀/ライアン・ディングル チーフエンジニア

SUPER GT by 島村 元子
  • Line

N:仁嶺が走るといつでも調子良く走ってくれるけど、僕が走ると『あれっ!?』みたいになっちゃうのは、ちょっとやっぱドライバー的にまだイケてないです。

R:いやぁ、まあそんな感じじゃないけど。仁嶺が一発(の速さ)としては、なんかたまに不思議なタイムを出すよね。

N:そうだよね(笑)。まぁでも決勝はそこそこ良く走れたしね、岡山は。

R:そうだよね。あの部分でオフでやったことは、ギリ(ギリ)間に合った。まだもちろん完璧ではないけど。方向性的には、正直オフシーズン、野尻がよくプッシュしたんだよね、今年は。『こういう方向に行きたいから』って。だからこそ、決勝向けのクルマがなんとなく仕上がって感じがある。ただ、去年の岡山で持ち込んでた(※1)クルマのコンセプトで今年行ったら、特にレースは結構ツラかったと思う。

N:うん。だから、僕たちなりに結構正常進化はしてるよね、多分。

第2戦でドライブスルーペナルティーを科された福住

第2戦でドライブスルーペナルティーを受けた福住

R:そうだね。岡山もそうだったんで、(第2戦)富士もまぁ、ほんとに、イエローフラッグ(※2)までは結構そういう感じでは行けたから。

N:そうだよね。予選も富士はちゃんと改善(※3)できましたしね。

R:そうそう。でも岡山で失敗してなかったら、そこまでは行けなかったから。その繋がりは残りのレースにもあると思うから。まぁ、一回失敗するのは、逆に今年のチャンピオン争いとしては大事かもしれない。

N:じゃぁもうあとは、クルマは完璧ってことっすね(爆)。

R:クルマはまだまだだよ(苦笑)。まだまだ。仁嶺も野尻もスーパーフォーミュラで結果を出して(※4)、エンジニアとしてすごくプレッシャーを感じるんだけど……。(GTでは)クルマ(のポテンシャル)が全然足りないという感じがします。

N:一番プレッシャーがかかっているのは、実はライアンっていう可能性は大いにある(笑)。

R:まぁね。たまに感じるけど。逆にカバーされることもすごくあるから。微妙なクルマでもQ2に行けるとか、そういうこともあるから、ラッキーな部分もあるしプレッシャーがかかる部分もあるよね。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ