人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年4月8日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:藤井祐眞(川崎ブレイブサンダース #0)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

藤井祐眞(川崎ブレイブサンダース #0)

川崎ブレイブサンダースの大黒柱は、今もニック・ファジーカスであることに変わりはない。しかし、違いをもたらす選手ということでは、藤井祐眞も存在感を増している。緊迫した場面における得点力だけでなく、チームが苦しい局面から抜け出せるきっかけとなるハッスルプレーを何度も連発しているのがその理由。攻防両面で素晴らしいパフォーマンスを発揮すれば、川崎はより強いチームへと変貌する。天皇杯とB1制覇の2冠を目指すチームの中心選手となった藤井に、4月7日の練習後に話を聞くことができた。

Q 自身としては初の天皇杯制覇。あの大舞台で結果を出し、ポイントガードとしてチームに貢献できたことをどう捉えていますか?
「本当に、素直にうれしかったですけど、個人的にはもっといいパフォーマンスをしたかったのはあります。ただ、準決勝なんかはJ(ジョーダン・ヒース)だけが一人調子良くてスリーを決めてくれましたし、決勝も、いつも宇都宮(ブレックス)とやるときはロースコアゲームになるんです。ああやってお互いディフェンスを頑張ってシュートが入らないみたいな展開なので仕方なかったんですが、ディフェンスは本当にすごくよかったかなと。もう少し相手のスウィッチ・ディフェンスをシンプルに攻略できれば、もっとスムーズなオフェンスができたかなと思います。そういう中でもアグレッシブに攻めてドライブしたり、シュートを打ったりして、そういうところでリバウンドが取れたり、ターンオーバーで終わらないオフェンスができていたので、あとは決め切る力とシンプルな組み立てができればもっとよかったかなと思います」

Q 天皇杯とB1の2冠を成し遂げる可能性があるという今のチーム状態はいかがですか?
「非常にいい状態だと思っています。チーム内でもいいコミュニケーションが取れていますし、シーズン前半で苦しんだところというのがしっかり修正できていて、ビッグラインナップもようやくチームの武器として形になってきているので、本当に自信を持ってやれています。ケガ人が、熊さん(熊谷尚也)とマティアス(カルファニ)の2人いるので、そこが帰ってきてチームとして全員揃った状態で戦っていけたらなと思っています」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ