人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年4月8日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:藤井祐眞(川崎ブレイブサンダース #0)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

Q チャージングを取ることやルーズボール争いの強さと反応の早さは藤井選手の持ち味です。ハッスルプレーを数多く決めるようになったは自然と身についたのか、それとも何かに影響されてできるようになったのでしょうか?
「どうなんですかね…。元からというか感覚的なことで、あまり考えない。僕のプレーがそういう感じなので、野生的というか直感でやるタイプ。そういうルーズボールだったり、球際のところは、東芝入ってから僕に何が必要かなと思った時に、そういうところで一番頑張るべきじゃないかなと思ったんです。その時はあまり試合に出るような感じじゃなく、(篠山)竜青さんや山下(泰弘)さんがケガしてプレータイムが増えましたけど、それまで全然もらっていなかったですし、そういう時に点取る仕事は僕でもなかったですし、起点となって何かをやるのも僕ではなかったので、チームに何が必要かと考えた時にそういうところだったのかなという風に思います」

Q シーホース三河戦でアリウープを阻止してのスティールは、自身が決めたハッスルプレーの中でもNo.1、もしくは最高レベルだと思いますか?
「戻ってよかったなというか、ああいうのが持ち味というか、そういうことだと思う。本当にあきらめない、最後までボールに対して少しでも…。いつもJのチェイスダウンのブロックだったり、Jが一人で戻って止めているシーンを見ているので、僕も戻って止めたいという気持もありましたし、あそこは戻って止められることができてうれしかったです」

Q 最後に、残るシーズンに向けた意気込みをお願いします。
「この先どうなるかわからないというか、残り10試合くらいですか、中断があったり、コロナがどのチームに出てもおかしくない状況、中断になってもおかしくないですけど、今はチャンピオンシップに向けて僕たちはやるだけだと思います。一番こうなっちゃいけないのは、チャンピオンシップの時にコロナだったり、濃厚接触が出て試合ができないというのがダメだと思うので、そのためにもしっかり安全対策をして、いい準備をしていきたいです。一番は2冠を目指すことなので、そこに向けて川崎、ファンも含めて川崎ブレイブサンダースが一丸となって今シーズンの優勝に向けて頑張っていきたいと思いますので、今後も応援よろしくお願いします」

文:青木 崇

【Bリーガーインタビュー】

川崎ブレイブサンダース 0番/PG/SG 藤井 祐眞(取材日:2021年4月7日)

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ