人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年1月27日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:トーマス・ケネディ(広島ドラゴンフライズ #1)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

トーマス・ケネディ(広島ドラゴンフライズ#1)

日本でプレーするようになって10年目を迎えているトーマス・ケネディは、昨年12月に帰化選手となった。2018−19シーズンにはB2のレギュラーシーズンMVPに選出されるなど、得点力が持ち味のフォワードとして活躍中。豊富な経験と一喜一憂しない冷静さを生かし、苦戦が続く広島ドラゴンフライズのチーム力アップに全力を注いているケネディに、1月26日の練習後に話を聞いた内容を紹介する。

Q 三遠戦は勝てそうな試合を落としての敗戦。約3週間試合間隔が空いたことで、練習に時間をかけてきたと思います。その成果は少なからず出ていたと思いますか?
「もちろんだ。今はよりアグレッシブなディフェンスをしているし、ヘルプやローテーションもよくなっている。ちょっとしたことを修正することだと思う。ボールのケア、価値を理解することが最も重要なことであり、ターンオーバーを半分に減らすことができれば、5〜6回多くオフェンスの機会を得られるだろうし、反撃もできる。悪いファウルで早い段階から相手にボーナス(のフリースロー)を与えないこと、ディフェンスにおけるコミュニケーションのミスだ。コミュニケーションの問題を改善すればディフェンスはよくなるし、いいオフェンスへとつながるものだ」

Q 日本での経験が豊富なベテランとして、事態を改善するために何をもたらそうとしていますか?
「この状況を改善するにはチームの一体感を維持し続けなければならない。コミュニケーションが最も重要な部分であり、コーチから選手、選手からコーチ、全員が一つになることだ。ベンチからプレーがコールされても、別のコールを耳にしたために選手たちが緊急モードでオフェンスすることを強いられてしまう。コート上における明確な意志決定と、遂行力をより高めることだと確信している。オフェンスでもディフェンスでもしっかり遂行することがとても重要だ」

Q 日本で10年目、bjリーグとNBLの統合によって生まれたBリーグが発展しています。日本のバスケットボールが最も向上したと思うところは何ですか?
「向上したいという思いが選手たちにあるからだと思う。みんながうまくなりたいと思っているから、より一生懸命に取り組み続けることへとつながり、コート上でより良いものが生み出されているのだろう。選手それぞれの向上したいという強い意志がそこにはある」

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ