人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年1月27日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:トーマス・ケネディ(広島ドラゴンフライズ #1)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

Q B1における自身のパフォーマンスについてどんな評価をしていますか?
「もっといろいろできることがあると感じている。チームが自分に求めていることと、自分たちががやろうとしていることに適合しようと心がけている。それに反するようなことをしていないのは明らかだ」

Q 日本への帰化を意識したのはいつごろからですか?
「約2年前、群馬(クレインサンダーズ)でのラストシーズンだったかな。機会が巡ってきたということもあり、日本人になることを考えるようになった。これを実現するために日本語を真剣に勉強しなければならないと思ったし、最初は50音からというちょっとしたことから始めた。2019年が始まったばかりのころかな」

トーマス・ケネディ(広島ドラゴンフライズ#1)

Q 初めてその話をした際の家族の反応は?
「みんなハッピーだったよ。(帰化までの)過程がすごく長かった。どんなに大変だったかなんて簡単に話せないくらいだ。振り返ってみると、最初はそうしたいという思いがあったけど、それをやるにはすごいチャレンジが待ち構えているとわかった。ほぼ毎日日本語のクラスを受け、学んだことを家で勉強していた。翌日クラスに戻ってからも継続して学習しても、何か新しいことが出てきた瞬間に“うわー、また新しいことか”ってことの繰り返し。毎日何か新しいことが出てきたんだ。自分が思っていた以上に大変なことだったけど、やり遂げたことはとてもうれしいね」

Q 帰化選手になったことでより長いキャリアを過ごせる可能性だけでなく、広島というチームで実現したことはどんな意味がありますか?
「機会、タイミングなどすべてだ。自分のキャリアにおける次のチャレンジだと思っている」

Q アイザイア・マーフィーは将来が楽しみな選手です。彼の印象は?
「彼を見たとき、素晴らしいアスリートで、いい選手だし、賢いと、時間の経過とともにもっと良い選手になると思った。3、4年後にはリーグ最高の選手になる可能性を秘めている。身体がより強くなりたいという思いを持ち、ゲームの状況をもっとしっかり見られるようになれば、Bリーグにおけるベストプレーヤーになると見ている」

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ