人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年1月22日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:杉浦佑成(島根スサノオマジック #14)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

杉浦佑成(島根スサノオマジック #14)

福岡大附属大濠高時代にU18代表に選ばれるなど、10代のころに将来を嘱望されていた杉浦佑成。今季から特別指定選手時代を含めて4シーズン過ごしたサンロッカーズ渋谷を離れ、島根スサノオマジックでプレーする決断を下した。苦戦が続くチームの中でも、スイングマンタイプの外国籍とマッチアップできる196cmの身長と非凡なシュート力を生かし、新天地で存在感を着実に上げているのは間違いない。

Q 年末の横浜戦で連敗は止まりましたが、ここ11試合で10敗を喫しています。8勝8敗とまずまずスタートを切った序盤と、苦戦している現状との大きな違いは何だと思っていますか?
「一番はヘッドコーチが変わって、一からじゃないですけど、今までやってきたことに加えて、河合(竜児コーチ)さんがやりたいことを付け足していく準備期間が短かったので、精度を高められない状態で試合を進めていました。最近は負けているんですけど、最初よりいいかなと感じます。あとは、ペリン・ビュフォード選手がケガで離脱しているのもあると思います」

Q 島根への移籍は相当の覚悟が必要だったと思います。契約条件以外で、引きつけられた要素は何だったのでしょうか?
「僕は自由交渉リストを出していないんです。出す前に声をかけてくれたというのと、サブではなくメインで使いたいと言ってくれたことで、必要としてくれているんだなと思いました」

Q 島根での生活はどうですか?
「慣れてきましたけど、ほのぼのと暮らしています。コロナなので外出とかもなかなかできないですし…」

Q 自身の役割やチームから求められている部分で、渋谷の時から変わったところがあれば、話せる範囲で教えてもらえますか?
「ボールに絡む機会を増やしてもらったというか、システム的に増えたので、そういった点ではドリブルとかも前よりも突けるようにようになりましたし、ボールを持っている時の怖さがなくなったというのがあります」

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ