人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年1月22日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:杉浦佑成(島根スサノオマジック #14)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

Q それはハドルや練習前後のミーティングでそうしているわけですか?
「そうですね。練習の最後に”何かある人?”とかハドルを組んでいるときに気付いたことがあっても、“僕なんかが言ってもなぁ”って思ったんですけど、今は共有してみようという意識になっています」

Q 自身のプレーで最も改善したいと感じているところは?
「フィニッシュのところですかね。ドライブに行けても結局大きい選手が中にいるので、リズムをずらしたりステップを変えたりしてフィニッシュできるようになりたいです」

Q そのあたりが個人練習で力を入れているということですか?
「そうですね。それに加えて、オープンのキャッチ&シュートで決め切れない時があるので、そこもですね、はい」

Q しばらく活動できていませんが、3x3をやることによって得たスキル向上という点でのプラス材料は?
「全体的にと言い方は抽象的すぎかもしれませんが、リバウンドへの意識とか、ドリブルからシュートを打てるようになったことですね。キャッチ&シュートだけではなく、フェイクで(ディフェンダーを)跳ばして…。今のところあまり試合で出せていませんけど、そういうことができるようになったかなというのがあります」

Q Bリーグの選手には田中國明先生がヘッドコーチだった時代を含めて福岡大附属大濠出身者が数多くいます。杉浦選手から見て、大濠OBがBリーグ選手として活躍できている理由は何だと思いますか?
「これは僕の意見じゃないんですけど、“先を見た指導をしているよね”みたいな意見はあると聞きます。ポジションアップに挑戦させてくれたり、先を見てくださっていて、僕も高校時代にミドルですけどシュートを打つようになったし、増田(啓介:川崎ブレイブサンダース)もインサイドの選手だったのが、大濠に入ったことでアウトサイドをやらせてもらえるようになったと思うので、そういうことが大きいと思います」

Q 残り32試合、シーズン後半に向けてチームが浮上するためのカギは何かを教えてください。
「チームでショットを作ることと、チームとして精度を高めていくこと。コーチが求めるディフェンスをなかなか体現できていない気がするし、爆発的な得点力があると思っていないので、そういった部分ですかね」

Q 最後に、今季後半に向けての意気込みと、ファンに伝えたいことがあればぜひ。
「大分負け越している状況ではあるんですけど、シーズン前CSに出場するという目標を掲げている。まだチャンスがあると思うので、そこはブレずに戦っていきたいです」

文:青木 崇

【Bリーガーインタビュー】

島根スサノオマジック 14番/SG/SF 杉浦佑成(取材日:2021年1月21日)

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ