人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年12月15日

全文公開!Bリーガー独占インタビュー:菅原暉(群馬クレインサンダーズ #14)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

菅原暉(群馬クレインサンダーズ #14)

筑波大から昨季特別指定選手で群馬クレインサンダーズに入団した菅原暉は、プロ1年目の今季、開幕から少しずつ出場機会を得ている。五十嵐圭が右足首捻挫で離脱して迎えた11月10日の横浜ビー・コルセアーズ戦では、ベンチから出て積極的に得点を狙ったことがいい方向に進み、チームの勝利に大きく貢献。五十嵐が欠場している間に4試合連続で20分以上プレーしたことで、少しずつB1でやれるという手応えをつかみつつある。土浦日本大でチームメイトだった杉本天昇とともに、菅原は今後の群馬にとって欠かせない戦力になることを期待されている選手だ。(12月9日取材)

Q 横浜戦は、最初にショットが決まったことでリズムをつかみ、自己最多の15点を記録して勝利に貢献しました。五十嵐圭の故障もあって出場時間は増えると予想したと思いますが、どんな心境で試合に臨み、いいプレーができたことをどう振り返りますか?
「圭さんがケガで抜けてからガードは2人しかいないので、出場時間も自ずと増えてくると思い、その中でアグレッシブにプレーしようとずっと決めていました。僕たちのチームは外国籍選手が強いので、そこにマークが行って僕のような選手が空くから、思い切ってシュートを打っていこうと決めていました。それが出だしからできていたんじゃないかと思います」

Q (信州ブレイブサンダース戦前の時点で)3Pは30本中12本成功の40%という数字を残しています。3Pは自分の武器として、B1でも通じるという手応えはありますか?
「いや、まだそんな試合をやっていないですけど、もっと自信をつけて確率を上げていきたいなと思います」

Q 宇都宮ブレックスとの開幕戦が群馬クレインサンダーズとB1のデビュー戦となりましたが、やはり緊張したのですか?また、ブレアリの雰囲気をどう感じながらプレーしていましたか?
「僕はブレックス戦がケガ明けて初めての公式戦だったので、そんなに緊張しなかったんですけど、なんかちょっとふわふわしたようなところがあって、自分のパフォーマンスができなかったんです。でも、開幕2連勝できたのですごくうれしかったです」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ