人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2018年1月25日

第5回『ザコパネの清らかな風に吹かれて』

鳥人たちの賛歌 W杯スキージャンプ by 岩瀬 孝文
  • Line

五輪展望

2018平昌五輪シャンツェ

防風ネットに覆われた2018平昌五輪シャンツェ

ときとしてあのいまわしき風が吹き抜ける2月の五輪では、10日(土)に男子ノーマルヒル、12日(月祝)に女子ノーマルヒル、17日(土)に男子ラージヒル、19日(月)にラージヒル団体戦が行なわれる。 去年2月のW杯プレ五輪では、風のためラージヒルから種目変更となったノーマルヒルではクラフト(オーストリア)が勝利した。 あの巻き上がる読みにくい風、さてどのようなゲーム展開になるであろうか。

注目されるのはポーランド、ノルウェー、ドイツ、オーストリア、日本、スイスの各チーム。 連続の金メダルを狙う好調なポーランドのストッフにコットとジラやクバツキ、ノルウェーチームをリードする勢いのタンデとファンネメルにフォルファン、ドイツのフライタクとヴェリンガー、オーストリアのクラフトとハイバック。五輪招致活動に力を注ぐスイスのアマンも五輪メダルを持つベテランの意地がみられそう。 いよいよ輝きのメダル獲得めざす葛西紀明、満を持して復帰する伊東大貴、地元白馬で調整充分な竹内択、日の出の勢いがある小林潤志郎、その兄を追う小林陵侑の頑張りがありそう。

伊藤有希・高梨沙羅・ルンビ

伊藤有希と高梨沙羅そして女王ルンビ(ノルウェー)

また12日のノーマルヒル女子ジャンプは、ルンビ(ノルウェー)とアルトハウス(ドイツ)の2強が中心。そこにウエイトコントロールに成功したフォクト(ドイツ)の集中力、まとまりあるスロベニア、ロシアの長距離砲アバクモワ、そこで巻き返してくる高梨沙羅(クラレ)に元気が良い伊藤有希(土屋ホーム)、蔵王W杯で船木和喜コーチによる指導で開花した勢藤優花(北海道ハイテクAC)、調子が上がってきている岩渕香里(北野建設)の伸びやかなジャンプに期待してみよう。

岩瀬 孝文

岩瀬 孝文

ノルディックスキージャンプの取材撮影は28年以上、冬季五輪は連続5回、世界選手権は連続12回の現地入り取材。スキー月刊誌編集長を経て、2007札幌世界選手権では組織委員会でメディアフォトコーディネーターを務めた。 シーズンに数度J SPORTS FIS W杯スキージャンプに解説者として登場。『冬はスキー夏は野球』という雪国のアスリートモードにあり、甲子園の高校野球や大学野球をつぶさに現場取材にあたっている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ