人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月7日

【日本ラグビーを支えるスペシャリスト】元はニュージーランドの警察官 異色の経歴もつラグビー日本代表・吉水通訳

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

吉水奈翁さん

ラグビー日本代表のヘッドコーチは、2005年以降、海外出身のコーチが務める。そこで注目されるのがコーチの考えを分かりやすい日本語で伝える通訳者の存在だ。2015年、2019年のラグビーワールドカップの日本代表通訳を務めた佐藤秀典さんは、デスメタルバンドのボーカルという横顔で注目されたが、2020年5月より日本代表の通訳となった吉水奈翁(よしみず・なお)さん(42歳)は、前職がニュージーランド(NZ)の警察官と、こちらも異色の経歴。そのとき培ったコミュニケーション能力は、前職のサントリーサンゴリアスの通訳として生かされ、今につながっているという。神奈川県川崎市のラグビースクールでラグビーに出会った吉水さんが、日本代表通訳者になるまでの足跡を伺った。

吉水奈翁さん

──NZに移住された経緯から教えていただけますか。
「父がコーチをしていた川崎市ラグビースクールでラグビーを始めたのですが、父の希望もあって1990年、チームで2週間ほどNZ遠征をしました。そのときに両親がNZをすっかり気に入ってしまって家族で移住することになりました。僕が中学1年生の途中でした」

──NZでもラグビーチームに入ったのですか。
「オークランドの西側に住んでいたのですが、その地域にあるワイテマタ・クラブと、入学したケルストン・ボーイズ・ハイスクールでプレーしました」

──同級生に後に有名になった選手はいますか。
「僕の少し下に、モセ・トゥイアリイ(NZ代表、ヤマハ発動機ジュビロでもプレー)がいました。一番有名な人は、ケルストンの校長先生です。グラハム・ヘンリーさん(元NZ代表ヘッドコーチ)でした」

ラグビーワールドカップ以来、JAPAN集結

──警察官になったのは、いつ頃のことですか。
「高校卒業後は父が経営する自動車修理工場でメカニックと塗装の仕事をしていましたが、結婚を機に何か新しいことを始めたいと考えました。そのとき、アジア人、日本人の警察官を募集しているという広告を見たんです。特に日本人は一人もいないと聞いて、これはチャンスだと思って挑戦しました。28歳の後半でした」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ