人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年12月17日

SUPER GT 第8戦:井口卓人(No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT) 「富士のレース結果をいい形で終わらせたいという思いが表彰台へ繋がった」

SUPER GT あの瞬間 by 島村 元子
  • Line
No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT

No.61 SUBARU BRZ R&D SPORT

──決勝は今シーズン初優勝した第5戦SUGO大会に続き、2度目のスタートドライバーを務めました。何か意図があったのですか?
井口:いや。特にルールとしてチーム内で決まったことはなかったですが、ポール(ポジション)を獲って優勝したSUGOのときのように、いい流れを作りたいという思いもあったし、個人的に前戦のもてぎは後半スティントで少し苦労する中、自分のミスもあってハーフスピンして順位を落としたので、『井口がスタートを行って、ポールから逃げていく展開を作ってあげたい』というチームの思いがあったかどうかはわかりませんが(笑)、でも今年はチームの判断というか、「(チームに)任せるところは任せる」という感覚が僕にとっては心地良くて。「任されたことを仕事として100%できるように」という思いで今年は戦っていて、優勝したSUGOと(タイトルがかかる)大事な最終戦でスタートを任せてもらい、自分の中ではすごく責任感がある中で戦えたし、ドライバーとしても実りある一年間だったと思いますね。

(SUGOではスタート前に相当緊張していたと聞きましたが?)SUGOではたしか2年ぶりくらいのスタートだったんです。間違いなく優勝できる可能性が高いレースで、久々のスタートでどうなるかなという不安感もあってかなりの緊張感だったのですが、そこでうまく優勝できたことでひとつの荷が降りた部分もありました。そこで最終戦……僕も富士は嫌いではないのでスタートを行かせてもらって、どんなレースができるかなという楽しみのほうがSUGOに比べれば多かったかもしれないですね。

──レースは序盤からセーフティカーが入る展開に。後続との差が縮まり、No.60 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTとの攻防戦になりました。
井口:最初、タイヤの温まり自体がうしろ2台のSupra(No.60 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT、No.52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT)に比べて少し厳しい感じがありましたが、温まってからは後続を引き離すことができました。『このまま調子良く走れるかな』と思ったのですが、いきなりセーフティカーが出てしまってそこからちょっと流れが変わったというか……。もちろんみんなタイヤが冷えてからの再スタートなので難しい部分でもあると思うのですが、(再スタート後は)スタートしてから(セーフティカーが解除された)9周目までのバランスとはちょっと違って苦しい展開だなという感覚があったので、思いのほかセーフティカー後は後続の引き離しもできず苦しい状態でした。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ