人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年5月12日

SUPER GT 第2戦:河野駿佑(No.60 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT)「チェッカー受けたときの安心感で涙腺が崩壊したんだと思う」

SUPER GT あの瞬間 by 島村 元子
  • Line

──最初のピットインは39周目。ライバルより遅いタイミングでした。これは戦略ですか?
河野:はい。まず、(コース上の渋滞に)引っかかってなかったら(ピットインのタイミングを)引っ張ろうと。引っ張ったほうが、後半の戦略を色々採れるということでした。(ピットインを)引っ張って、最後の2回目のピットインでタイヤを換えるか換えないか、(交換するタイヤが)2輪か4輪か、無交換かを含めて1回引っ張ってみようということになりました。ペース自体も落ちることがなかったので、引っ張りました。結果、4輪交換をしました。実は(第2スティントで吉本から交代する)次も4輪交換してるんです。結局ペースは落ちなかったんですが、(タイヤの)摩耗で40周以上走るのは厳しかったので。それに、ウォームアップもダンロップタイヤは良かったので、(無交換や一部交換による)リスクを背負うことプラス、コンマ5秒~1秒とか(ラップタイムが)落ちてしまうのなら、新しいタイヤに換えたほうがいいんじゃないかとチームが決断しました。

61号車との激戦

──吉本選手の第2スティントは、61号車との激戦でした。
クルマを降りてすぐパッとモニターを見て、7番手か8番手にいたので、「なぜ、こんなところにいるんだ!?」って。「えっ!?」 って思いました。ペースがそこまで落ちていたわけではないし、ピット作業も早かったので「なんで、なんで!?」って冷静さを失いました。あとから落ち着いて考えてわかったんですが、(ピットインを)引っ張った分、(ライバルよりも)ガソリン(の残量)がなかったので、給油時間が長かったんです。それでポジションが下がったんです。でもそのときは「 なんで(ポジションが)下がっちゃったの!?」って(苦笑)。その後は、吉本さんがすごく追い上げをしてくれて、ポジション争いをしていたGT-Rを含め、最終的には(72周目のコカ・コーラコーナーで)61号車を抜いてピットに戻ってきてくれたことが、今回の(レース展開として)一番じゃないかなと思いますね。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ