人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2020年10月2日

SF第2戦レビュー|新世代の台頭に湧いた岡山ラウンド

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

スーパーフォーミュラ第2戦

開幕から1ヶ月が経った2020年の全日本スーパーフォーミュラ選手権は岡山国際サーキットで第2戦が行なわれた。

岡山国際サーキットを舞台に9月26日・27日に開催された2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権の第2戦。新型コロナウイルス感染防止対策も講じながらということで、いつもよりも変則的なレースウィークとなった。その中で関係者の目を引く活躍をみせたのが、今後期待の若手ドライバーたちだった。

今回も日曜日に開催された公式予選で圧巻の走りをみせたのが宮田莉朋(VANTELIN TEAM TOM’S)だった。当初は全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権に専念する予定だったのだが、ル・マン24時間レースで総合優勝を果たした中嶋一貴が帰国から数日しか経っていないということもあり、スーパーフォーミュラへの参戦は叶わないこととなり、その代役として宮田がダブルエントリーする形で抜てきされた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

宮田は昨年12月のルーキーテストに参加しているものの、事前にテストもできていない状況。「週末に入る前は、事前にテストする機会も本当になかったし、ポイント圏内に入るのは無理だろうと思っていました。ルーキーテストでSF19に乗ったといっても、実際のポテンシャルがどれくらいあるのかは分からない状況でした。またスーパーフォーミュラの決勝レースは51周あるので、ちゃんと最後まで(体力が)保つのかどうか不安がありましたね。」と最初は不安の方が先行していた。

スーパーフォーミュラ・ライツとダブルエントリーとなった宮田莉朋。

しかし、いざ予選が始まるとQ1B組に加えてQ2でもトップタイムを記録。特にQ2では今週末全体のベストタイムとなる1分12秒646を叩き出しライバルを圧倒した。このままデビュー戦でポールポジションかと思われたが、Q3ではミスが出てしまい予選2番手となった。予選後の記者会見ではさすがに悔しい表情をみせたが、それでも予想以上のポジションからスタートできるということと、ライバルに引けを取らない速さをみせられたということで、少し安心した様子も垣間見えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ