人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年9月26日

【スーパーバイク世界選手権 第11戦フランス】バウティスタがホンダに移籍を発表!

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
ジョナサン・レイ(カワサキ)

「FIMスーパーバイク世界選手権」の第11戦がフランスのマニクール・サーキットで開催されます。「J SPORTS」では9月27日(金)〜29日(日)に開催される第11戦の模様を9月30日(月)深夜にオンエアします。

残すところ3戦・9レースとなった今季の「スーパーバイク世界選手権」ですが、前戦・ポルトガルではランキング首位のジョナサン・レイ(カワサキ)がレース1、スプリントレースと2連勝。ランキング2位のアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)がレース2で10レースぶりの優勝を果たしました。レース1でバウティスタが表彰台を逃したため、チャンピオンを争う両者のポイント差は91点へと拡大。この差が125点差以上になるとレイが残り2戦を残してフランスでチャンピオンを決定する条件になります。

アルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)にとっては転倒などによるノーポイントは即座にレイの5度目の戴冠に繋がってしまうので絶対に避けたいところ。しかし、大きく差をつけられている以上はその差を詰めるべく攻めに攻めて、残りの9レースを全て勝利しなくてはいけません。しかし、すべて勝ったとしてもレイが今季一度もリタイアがないレイが安定してポイントを獲得し続ければ、バウティスタは追いつくことができないという厳しい状況です。

J SPORTS放送情報

そんな中、ポルトガルでは久しぶりに優勝したバウティスタですが、ポルトガルを前にして「ドゥカティ」陣営からの離脱が確実なものになっていました。その移籍先はなんと「ホンダ」。今季、ホンダCBR1000RR SP2のファクトリーバイクが投入されるも苦戦を続けた「ホンダ」にバウティスタが移籍するというのだから驚きです。開幕から11連勝をマークしたバウティスタが弱小体制の立て直しを自ら行うとは考えにくく、「ホンダ」から戦闘力のあるニューマシン、あるいはカワサキ、ドゥカティに対抗できるワークスチームとしての体制など何らかの移籍したいと思える条件があってのことでしょう。

バウティスタの移籍には「ホンダ」が2015年以来5大会続けて負け続けている「鈴鹿8耐」での戦力に、と考えている節もあるでしょう。今年優勝した「カワサキ」もワークス体制になりスーパーバイク世界選手権の「Kawasaki Racing Team」の息がより強くかかったチームになることは間違いありません。そういう意味では来季、スーパーバイク世界選手権から鈴鹿8耐までより密な関係をバウティスタとホンダが築いてもなんら不思議ではないとも考えられます。まさに電撃移籍の発表で来季からの「ホンダ」の活躍が楽しみになってきました。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ