人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年9月26日

【スーパースポーツ世界選手権 第10戦フランス】カリカスロ優勝で王座争いは10点差に

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
カワサキ

600ccの市販スポーツバイクの戦い「スーパースポーツ世界選手権」第10戦はフランスのマニクール・サーキットで開催されます。今シーズンも残すところあと3レース。チャンピオン争いに重要な意味を持つフランス戦は9月27日(金)〜29日(日)に行われます。第10戦の模様は「J SPORTS」で9月29日(日)に生放送で楽しめます。

さて、前戦のポルトガルではまたもやヤマハYZF−R6を走らせる「Evan Bros. World SSP Team」の2人による優勝争いとなりました。同チーム所属のフェデリコ・カリカスロ(ヤマハ)が今季3勝目をマークし、2位にチームメイトのランディ・クルメナッハー(ヤマハ)が入り、チームとしては今季5回目の1−2フィニッシュ。この2人によるチャンピオン争いはもはや確実なものになってきました。

ランキング首位のランディ・クルメナッハー(ヤマハ)とランキング2位のフェデリコ・カリカスロ(ヤマハ)の間には15点の差がありましたが、カリカスロが優勝して5点縮めて10点差。残り3レースですから、仮にこれからの2戦でカリカスロが連勝を続ければ、場合によっては同点に並んでのチームメイトによるチャンピオン争いという刺激的なシチュエーションが生まれる可能性もあります。

J SPORTS放送情報

今季の2人のリザルトは勝利数ではクルメナッハーが4勝、カリカスロが3勝。表彰台はクルメナッハーが8回、カリカスロが全レース表彰台獲得の9回。これほどまでにチームメイト同士が接戦を繰り広げるシーズンも珍しいと言えます。これだけ激しく争えば、転倒を誘発し、ノーポイントレースが生まれ、シーズンの流れはどちらかが掌握するというパターンが多いかと思うのですが、「Evan Bros. World SSP Team」の2人は全戦で4位以内のフィニッシュを達成しているという安定ぶり。今季はランキング上位5人が一度もリタイアなしというのも珍しいシーズンと言えるでしょう。

ランキング3位につけるのは今季2勝をマークしているジュール・クルーゼル(ヤマハ)で前戦ポルトガルでは4位フィニッシュ。首位のクルメナッハーとの差が48点に広がり、逆転チャンピオンは現実的には厳しい状況に追い込まれています。ただ、今回は地元・フランスでのレース。彼が所属する「GMT94」はFIM世界耐久選手権に参戦した時代から地元フランス絶大な人気を誇るチームであり、特に耐久レースの現場では同チームのウェアを身につけて応援する人が多いのです。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ