人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年5月15日

【スーパーフォーミュラ第2戦・オートポリス / プレビュー】開幕に続く波乱に?AP未経験者の可能性にも注目

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line

今季からニューマシンとなるSF19を導入した「全日本スーパーフォーミュラ選手権」は九州へ。第2戦は熱いレースファンが多い大分県・オートポリスでの開催です。J SPORTSでは5月18日(土)〜19日(日)に開催される予選、決勝の模様を生中継。昨年は天候の急変により決勝レースが中止となってしまったオートポリスだけに、今年はドライコンディションでお客さんが満足するレースが展開されることを期待したいですね。

それにしても、開幕戦・鈴鹿は近年稀に見る大荒れのレースになりました。新車導入の開幕戦というのは色々な事件が起こるのが常ですが、予想以上でした。まさか4回もセーフティカーが出される事態になるとは。こうなると裏を付く作戦を取ったチームも一瞬の判断、その時の運・不運でリザルトが左右されることになり、まさに明暗分かれたレースになりました。

しかし、そんな中で優勝を争ったのが、歴史に残る大激戦になった2018年・最終戦を盛り上げた山本尚貴(今季Docomo DANDELIONに移籍)、ニック・キャシディ(今季VANTELIN TEAM TOM’Sに移籍)、そして山下健太(KONDO RACINGに残留しエース格に)の3人でした。

優勝したニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S/トヨタ)は予選12番手からの大逆転優勝。2位の山本尚貴(Docomo DANDELION/ホンダ)は予選3位から優勝を争える位置を常にキープしながらの2位。そして山下健太(KONDO RACING)は予選6番手から3位表彰台を掴みました。フロントローを独占した「NAKAJIMA RACING/ホンダ」の牧野任祐、アレックス・パロウのルーキー2人が相次いでトラブルにより戦列を離れてしまうという波乱はあったにせよ。表彰台をもぎ取った3人の強さは今の「スーパーフォーミュラ」の本当の勢力図を表しているような気がします。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧