人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年4月12日

スーパースポーツ世界選手権 第4戦オランダ 〜ランキング5位を維持した大久保に期待〜

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line

激しいバトルが魅力の「スーパースポーツ世界選手権」は2週連続の開催で、第4戦はオランダのTTサーキット・アッセンでの戦いです。4月12日(金)〜14日(日)に開催される第4戦の模様は「J SPORTS」で4月14日(日)に生放送で楽しめます。

さて、前戦のアラゴンは凄まじいバトルとなりました。ポールポジションはなんと伏兵とも言えるトーマス・グレイディンガー(ヤマハ)が獲得。22歳の若きオーストリア人がここに来て光り輝く物を見せ始めました。レース序盤はフェデリコ・カリカスロ(ヤマハ)と激しく競り合いますが、その2人のバトルにランディ・クルメナッハー(ヤマハ)とラファエル・デローサ(MVアグスタ)が追いつく4台によるトップ争いの構図に。

そして、残り4周ということろで一瞬4台がほぼ横一線に。各ライダー限界ギリギリのバトルに終始し、ラファエル・デローサ(MVアグスタ)が抜け出し、MVアグスタの優勝なるか?と思われたファイナルラップ。なんとランディ・クルメナッハー(ヤマハ)が残りコーナー2つというところで首位に立ち、今季2勝目を達成。アラゴンのレースは本当に手に汗握る格闘の連続。これぞ「スーパースポーツ世界選手権」という激しいバトルを楽しめた第3戦・でしたが、2週続く連戦になりますから、このバトルの続きが見られそうで楽しみです。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧