人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年1月24日

フォーミュラE第3戦・サンティアゴ~2戦終わって見えてきた今シーズンの勢力図

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
マヒンドラ

マヒンドラ

電気自動車のフォーミュラカーレース「FIAフォーミュラE選手権」はアフリカ大陸から大西洋を横断し、南アメリカ大陸へ。シーズン5(2018年~19年)の第3戦の舞台となるのは昨シーズンから開催されているチリの首都、サンティアゴです。1月26日(土)に行われる予選、決勝の模様を「J SPORTS」では生放送でお送りします。

サンティアゴでの開催は今回で2回目ですが、ジャン・エリック・ヴェルニュ(DSテチータ)が優勝した海沿いの市街地サーキットとは異なるコースで開催されます。今回はサンティアゴ市の中心にある大きな公園を使った、14のコーナーを持つ約2.4kmのコースが舞台です。公園の外周路を使った大きな弧を描く高速コーナーが特徴のレイアウトで、ブレーキングゾーンでの激しいバトルが見られそうで楽しみです。

というわけで、マシンがニューマシン「Gen2」に変わっただけでなく、昨シーズンと全く違うコース特性となるため、過去のデータからは戦況が読み取れない、いわばぶっつけ本番の戦いとなるのが今回の特徴です。予想が難しいですね。

しかし、ここまで「Gen2」を使った2戦で、何となく勢力図が見えてきた印象です。速さを持っているのは開幕戦・ディルイーヤを制した「BMW iアンドレッティレーシング」です。第2戦・マラケシュ(モロッコ)でも他を圧倒する速さを見せつけ、序盤からアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(BMW)とアレクサンダー・シムス(BMW)の2人がレースをリード。3位以下も接戦になるシーンこそありましたが、安定した速さはマラケシュのレースを通じて証明されました。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧