人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2018年10月9日

トヨタがホームコース富士へ凱旋。1-2なるか?

モータースポーツコラム by 皆越 和也
  • Line
シルバーストーン6時間

プロトタイプカーとGTマシン、4クラスの混走による世界耐久選手権(WEC)のスーパーシーズンの第4戦「富士6時間」が、静岡県小山町の富士スピードウェイにおいて10月13~14日に開催される。その決勝の模様はJ SPORTSで生中継J SPORTSオンデマンドでもLIVE配信される。

ル・マン24時間を初制覇した後のシルバーストン6時間は、連戦のトヨタ1-2で終了したと思いきや、まさかの2台共失格という翌朝の報道に驚いたかもしれない。トヨタファンは気を取り直しての地元大会開催だ。

今回のエントリーはLM P1が8台、LM P2が7台、LM GTE Proが10台、LM GTE AMが9台の計34台。LM P1はトヨタの独走が見込まれるが、7、8号車のどちらが優勝するか? 速さでは引けを取らないものの何かが起きる7号車が勝てるのかもお見逃しなく。もちろん8号車をドライブするフェルナンド・アロンソの走りもぜひ注目しておきたい。トヨタは過去のWEC富士6時間、6大会で5回の優勝を果たしており、今回もまた圧倒的な走りを披露してル・マン制覇の凱旋を果たしてもらいたいものだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧