人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2013年5月1日

ツール・ド・フランスを知るための100の入り口:世代交代

ツール・ド・フランスを知るための100の入り口 by Naco
  • Line
ツール・ド・フランスを知るための100の入り口:世代交代

ついにエースとなったインドゥラインは1991年から史上初の5連覇を果たした。左:インドゥライン 中央:デルガド(1991年ツール・ド・フランス第2ステージ)

ツール・ド・フランスでは、レース中にチーム内世代交代のドラマも数々生まれた。

■チーム ラヴィクレールの場合(世代交代:1986年)

・1985年:1位 ベルナール・イノー、2位 グレッグ・レモン
・1986年:1位 グレッグ・レモン、2位 ベルナール・イノー

1986年ツールでは、レモンは次の世代を担うエースのハズだった。しかし、イノーは頭ではそれを理解しつつも、闘魂が頭をもたげ、しばし、その体制と矛盾するアタックに出る。最後は丸く収まり、レモンはアメリカ人初の優勝者となるが、まさにチームメイトとライバルは紙一重だった。

■レイノルズ(1990年からバネスト)の場合(世代交代:1991年)

・1988年:1位 ペドロ・デルガド、47位 ミゲル・インドゥライン
・1989年:3位 ペドロ・デルガド、17位 ミゲル・インドゥライン
・1990年:4位 ペドロ・デルガド、10位 ミゲル・インドゥライン
・1991年:1位 ミゲル・インドゥライン、9位 ペドロ・デルガド

1990年、絶対的エースとして送り込まれたデルガドは、調子が上がらず。しかしインドゥラインは下剋上を許されず。チーム方針に従いエースを待つなどして、自己のタイムを犠牲にした。翌年からエースの座を得て5連覇の快挙を達成するが、90年に主従関係が緩められていれば、6連覇も夢ではなかったかもしれない。

インドゥラインを破りデンマーク人初のチャンピオンとなったリース(1996年ツール・ド・フランス第16ステージ)

翌年リースからエースの座を引き継ぎドイツ人として初めてツールを制することになるウルリッヒ(1996年ツール・ド・フランス第8ステージ)

翌年リースからエースの座を引き継ぎドイツ人として初めてツールを制することになるウルリッヒ(1996年ツール・ド・フランス第8ステージ)

■テレコムの場合 (世代交代:1997年)

・1996年:1位 ビヤルヌ・リース、2位 ヤン・ウルリッヒ
・1997年:1位 ヤン・ウルリッヒ、7位 ビヤルヌ・リース

1996年、初参戦のグランツールでいきなり2位に入ったウルリッヒ。1997年大会では、前年優勝者リースに対し、彼はサブエースで乗り込んだ。しかし日が進むにつれ、両者の関係が逆転したことが白日のもとにさらされる。途中から補佐役はボスとなり、優勝を飾る。

代替画像

Naco

1999年末、ホームページを立ち上げ、趣味だった自転車ロードレースの情報記事を掲載しはじめる。2000年夏からは、ツール・ド・フランスの現地観戦レポートを開始。同サイトには、ロードレース・ファンたちが数多く訪れている。現在、フリーランスのジャーナリストとして自転車専門誌に記事を寄稿している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ