人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2013年5月9日

ツール・ド・フランスを知るための100の入り口:最多勝利選手3 ベルナール・イノー

ツール・ド・フランスを知るための100の入り口 by Naco
  • Line
ツール・ド・フランスを知るための100の入り口:最多勝利選手3 ベルナール・イノー

[写真] 2012年ツール・ド・フランス最終ステージの表彰台で闖入者を追い払うイノー(右)

ツール・ド・フランス「5勝クラブ」の3人目は、ベルナール・イノー(フランス・1978、1979、1981、1982、1985年優勝)。マイヨ・ジョーヌ累計着用日数はメルクスの111日に次いで2位となる79日。区間優勝回数は28回で、イノーの34回に次ぐ。

気迫あふれるファイターであり、泣く子も黙らすようなプロトンのボスでもあった。フランス人として最後のツール優勝者である点や、その強いキャラクターで、いまだにアイコン的存在だ。

現在、3大ツール(ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリア、ブエルタ・ア・エスパーニャ)を全制覇した選手は下記の5人だが、すべてで2勝以上しているのは彼だけだ。

ジャック・アンクティル(フランス)
ツール5勝、ジロ2勝、ブエルタ1勝

フェリーチェ・ジモンディ(イタリア)
ツール1勝、ジロ3勝、ブエルタ1勝

エディ・メルクス(ベルギー)
ツール5勝、ジロ5勝、ブエルタ1勝

ベルナール・イノー(フランス)
ツール5勝、ジロ3勝、ブエルタ2勝

アルベルト・コンタドール(スペイン)
ツール2勝、ジロ1勝、ブエルタ2勝

その他、ワンデイクラシックでも活躍。1980年リエージュ〜バストーニュ〜リエージュでは、極寒の吹雪の中、意地で優勝を手に入れた。170人以上が出走し、完走者は21人という試練を制したが、2本の指が凍傷になり、今でも寒さで疼くという。

現在と違って、当時はレース中のコミュニケーションの手段として、無線は使用されていなかった。だからレース中、イノーの怒号や罵声が響き渡り、男たちのぶつかりあいは生々しかった。

そんな闘志あふれる走りをした別名「穴熊」は、32歳を前にして引退し、酪農業を営むようになる。ツールに姿を見せるなど、自転車界との縁は続いていたものの、さほど未練があるようには見えなかった。

転機は2006年。農場経営に区切りをつけることを決める。2008年に来日した際、そのワケを彼はこう語った。「妻の兄弟の死に直面し、こんなこと(酪農)をしていていいのだろうか?もっとまだ他にできることがあるのではないか?、と疑問をもつようになったから」と。

以来、ツール主催者A.S.Oの渉外担当として、露出度は増した。2008、2009、2012年のように、表彰台に接近する闖入者を俊敏に追い払う様子は、どこかツールの守護神のようでもある。

代替画像

Naco

1999年末、ホームページを立ち上げ、趣味だった自転車ロードレースの情報記事を掲載しはじめる。2000年夏からは、ツール・ド・フランスの現地観戦レポートを開始。同サイトには、ロードレース・ファンたちが数多く訪れている。現在、フリーランスのジャーナリストとして自転車専門誌に記事を寄稿している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ