人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2013年6月1日

ツール・ド・フランスを知るための100の入り口:ジャーナリストは元選手

ツール・ド・フランスを知るための100の入り口 by Naco
  • Line
ツール・ド・フランスを知るための100の入り口:ジャーナリストは元選手

ピエール・シャニーがツールの歴史を記した著書(左)は950ページ、6kgという大著だ。

新聞報道に加えツール・ド・フランスのテレビ中継が拡充する中、1957年、当時のディレクター、ジャック・ゴデ(スポーツ紙『ロト』の共同創始者ヴィクトール・ゴデの息子)は、ジャーナリストに便宜を図るため、近代的なプレスルームの提供を開始した。

今ではツールを伝えるメディア数は560、ジャーナリストの数は2000人にも上り、その中には、元選手もチラホラいる。

たとえば1900年に発行開始となったスポーツ紙『ロト』(当初の名は『ロト・ヴェロ』)の編集長で、1903年にツールを創造したアンリ・デグランジュ自身も、秀でた自転車選手だった。

1891年にボルドー〜パリを観戦して競技に目覚め、1893年、ヴェロドローム・ビュファロで初のアワーレコード35.325km/hを打ち立てたのも彼だった。

公証人となり弁護士をめざすも、仕事場に自転車で乗りつけたせい、あるいはそのときの格好のせいで、首になった、という言い伝えもある。

ツールを49回取材し、メディア界の重鎮で、『レキップ』紙の首席ライターだったピエール・シャニーも自転車レースに出場していた。戦時中は反ユダヤ思想から反ナチス思想へ移行し、投獄・脱獄経験もあったというが、当時の身の上は余り語られなかった。

ジャーナリスト転身後の活躍は目覚ましく、自転車競技に関する彼の著書はバイブルとなる。惜しまれつつ、ツール取材50回目を目前にこの世を去った。

その他、ツール3勝のルイゾン・ボベの弟で、ツールに出場したこともあるジャン・ボベも、競技界からメディアの世界に転じたひとり。サドルの上では兄ほどの戦歴はないが、1955年にはパリ〜ニースで総合優勝している。

ライターとしての評価は高く、ルモンドやレキップ紙に記事を書いてきた。2006年ツールでは、故郷、サン・メアン・ル・グランのステージに顔を見せ、主催者からメダルを渡された。

代替画像

Naco

1999年末、ホームページを立ち上げ、趣味だった自転車ロードレースの情報記事を掲載しはじめる。2000年夏からは、ツール・ド・フランスの現地観戦レポートを開始。同サイトには、ロードレース・ファンたちが数多く訪れている。現在、フリーランスのジャーナリストとして自転車専門誌に記事を寄稿している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ