人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2013年6月11日

ツール・ド・フランスを知るための100の入り口:グランツール複数制覇の記録

ツール・ド・フランスを知るための100の入り口 by Naco
  • Line
ツール・ド・フランスを知るための100の入り口:グランツール複数制覇の記録

最強のチャンピオン・メルクス以外に唯一トリプルクラウンを達成しているステファン・ロッシュ(1993年大会)

グランツール、つまり、ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャの3つすべてを制した選手は、これまで5人。ジャック・アンクティル、フェリーチェ・ジモンディ、エディ・メルクス、ベルナール・イノー、アルベルト・コンタドールだ。

しかし、トリプルクラウン(同一年のジロ、ツール、ロード世界選手権の3つで優勝)を達成した選手は、1974年のエディ・メルクスと、1987年のステファン・ロッシュのふたりだけ。惜しかったのは、ミゲル・インドゥライン。1993年にジロとツールで優勝し、オスロの世界選手権は2位。その際の優勝者は、22歳のランス・アームストロングだった。

達成者の数が物語るように、3大ツール全制覇よりトリプルクラウンの方が難しい。同一年に達成せねばならないことに加え、ワンデイレースの世界選手権と、日ごとに地形に変化をつけられるグランツールでは、コースの特色が異なるからだ。前者のレースでは、ルーラー(スピードマンのフランス語)やパンチャー(アップダウンの地形におけるスピードマン)が有利なことが多い。後者ではスプリント以外をこなす、いわゆるオールラウンダーや、クライマーに勝機がある。

2000年代に入ってオールラウンダーでロード世界選を制した選手といえば、カデル・エヴァンスが浮かぶ(2009年メンドリージオ大会)。しかしツールでは総合30位。不完全燃焼の思いが、秋の世界選への起爆剤となったといえる。

60年代後半から70年代に活躍したメルクスは、ツール総合優勝5回、ポイント賞3回、山岳賞2回。主要クラシックレースはほとんど総なめ。しかし彼のようにマルチなライダーは特別製。今では狙うレースタイプを絞り、そのために年間スケジュールを組み立てるのが潮流だ。チームによっては、1日で完結するクラシックレース要員と、ステージレース要員を分けてトレーニングさせることもある。選手層が厚くなり、勝利を目指した分業化が進む今日、トリプルクラウンは、ターゲットにすることすらはばかられるような遠い記録だ。

代替画像

Naco

1999年末、ホームページを立ち上げ、趣味だった自転車ロードレースの情報記事を掲載しはじめる。2000年夏からは、ツール・ド・フランスの現地観戦レポートを開始。同サイトには、ロードレース・ファンたちが数多く訪れている。現在、フリーランスのジャーナリストとして自転車専門誌に記事を寄稿している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ