人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2018年7月20日

【プロの目】選手とのコミュニケーションについて / Tour de France 2018

ツール・ド・フランス by 西 勉
  • Line

プロコンチネンタルチームNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニでメカニックをしている西勉(にし・つとむ)がお送りする特別コラム。5回目は選手とのコミュニケーションについてです。

メカニックにも性格がありますが、選手は1人1人性格が違うのが普通なので、レーススケジュールが進行するなかで、初顔合わせからいかに短時間で選手のクセや個性を把握するか、という点でもメカニック側の技量が問われます。

たとえば、バイクのポジションは長い間、メカニック、コーチと選手が協議してサイズを確定させることが当たり前でしたが、”バイクフィッティング”という専門職が現れてから、選手とのコミュニケーションの概念が大きく変わってきました。

選手は自身の感覚やメカニックからのアドバイスよりも、説得力(最もパワーがペダルに伝わるフォーム理論)のあるフィッティングの担当者の理論を信じるようになり、フィッティングにより導き出された寸法をフレームメーカーやメカニックに提示。 しかしながら、実際レースを走ってみると違和感を感じる選手が少なくない現実があり、元のジオメトリー、フォームに戻す選手を目の当たりにしています。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧