人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2018年7月27日

【ツール・ド・フランス2018 第18ステージ結果速報】フレンチスプリンターのアルノー・デマール区間優勝!集団ゴールの総合勢は変動なし

ツール・ド・フランス by J SPORTS 編集部
  • Line
区間優勝を果たしたアルノー・デマール

区間優勝を果たしたアルノー・デマール

ハードだった65kmの超短距離決戦を終え、146人がトリ=シュル=バイーズから171km先のポーを目指す平坦ステージ。アクチュアルスタートのあと、トマ・ブダ(ディレクトエネルジー)、マシュー・ヘイマン、この日の敢闘賞ルーク・ダーブリッジ(共にミッチェルトン・スコット)、ニキ・テルプストラ(クイックステップフロアーズ)、ギヨーム・ヴァンケイスブルク(ワンティ・グループゴペール)の5選手が抜け出し、逃げに乗りたいチームがメイン集団から次々と飛び出したため、最初の1時間は平均時速48.8km/hのハイスピードでレースは進んだ。

4級山岳ポイントをテルプストラが、中間スプリントポイントはヴァンケイスブルクが先頭通過、メイン集団とのタイム差は最大で2分21秒。ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム)やアダム・イェーツ(ミッチェルトン・スコット)が落車しキンタナが左腕を負傷、集団に戻ったあとで治療を行った。

2度目の4級山岳ポイントをヴァンケイスブルクが先頭通過、その直前にメイン集団からサイモン・クラーク(チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデール)がアタック、メイン集団が一気に加速しゴール手前16kmで先頭グループを吸収、各チーム互いに逃げを出さない構えでゴールスプリントへの準備に入った。

アルノー・デマール擁するグルパマ・エフデジが隊列を組んで残り距離を詰める、メイン集団は縦一列棒状に伸びきって長い下りを滑り下りていく。懸念された横風の影響もなく、広い道幅をいっぱいに使い、クリストフ・ラポルテのコフィディス、ソリュシオンクレディ、ジョン・デゲンコルブのトレック・セガフレードなどのチームが位置どり争いに動く。残り距離3kmまではスプリンター不在のチーム スカイも参加して、時速60km/h近い速度でマークス・ブルグハート(ボーラ・ハンスグローエ)の牽引でポーの街中へ突入。

大きなラウンダバウトを幾つかやり過ごし、人数が絞られた状態でチームEFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデールが先頭でフラムルージュを抜け、コフィディス、ソリュシオンクレディ、トレック・セガフレードと先頭が次々と代わりながら加速し、残り距離200mジャコポ・グアルニエーリ(グルパマ・エフデジ)のリードアウトで発射したデマールが番手のラポルテの追随を許さず区間勝利を手にした、自身ツール通算2勝目。また、総合勢はタイム差なしの集団ゴールをしている。

「大きな勝利だ!山岳ステージで過ごした困難な時間はすべて区間優勝だけを考えて乗り越えた、チームメイトのおかげで完璧なスプリントができた、チーム全員の勝利だ」(デマール勝利後インタビュー)

第18ステージ結果

1 アルノー・デマール(グルパマ・エフデジ/フランス)in 03h 46'50''
2 クリストフ・ラポルテ(コフィディス、ソリュシオンクレディ/フランス)at 00'00''
3 アレクサンドル・クリストフ(UAEチームエミレーツ/ノルウェー)at 00'00''
4 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(チーム ディメンションデータ/ノルウェー)at 00'00''
5 ソンニ・コロブレッリ(バーレーン・メリダ/イタリア)at 00'00''
6 マクシミリアーノ・リケーゼ(クイックステップフロアーズ/アルゼンチン)at 00'00''
7 ジョン・デゲンコルブ(トレック・セガフレード/ドイツ)at 00'00''
8 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)at 00'00''
9 テイラー・フィニー(チームEF・ドラパック/アメリカ)at 00'00''
10 ティモティ・デュポン(ワンティ・グループゴペール/ベルギー)at 00'00''

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧