人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2018年7月20日

【ツール・ド・フランス2018 第12ステージ結果速報】ラルプ・デュエズでのスプリント勝負はマイヨ・ジョーヌ着用のゲラント・トーマス

ツール・ド・フランス by J SPORTS 編集部
  • Line
スプリント勝負を制したゲラント・トーマス

スプリント勝負を制したゲラント・トーマス

今大会のクイーンステージ、ラルプ・デュエズ山頂をフィニッシュとする超級山岳3つ、2級山岳1つの獲得標高5,000m超え、通算登坂距離65km以上の超難関レイアウト。リゴベルト・ウラン(チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデール)が未出走の161選手が出発、アクチュアルスタートから積極的なアタックがかかり逃げグループが形成されない状態のまま、最初の超級マドレーヌ峠へと到着。

シルヴァン・シャヴァネル(ディレクトエネルジー)やワレン・バルギル(チーム フォルテュネオ・サムシック)、ラファル・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)らが山頂を目指しペースを上げるとアンドレ・グライペル(ロット・ソウダル)、トニー・ガロパン(アージェードゥゼール・ラ・モンディアル)、ディラン・フルーネウェーヘン(チーム ロットNL・ユンボ)、リック・ツァベル(チーム カチューシャ・アルペシン)らが早々に遅れ始め、フェルナンド・ガビリア(クイックステップフロアーズ)も含めコース途中でリタイア、大勢のスプリンターが大会を去っていった。

ジュリアン・アラフィリップ(クイックステップフロアーズ)が先頭で山頂を通過し山岳賞ジャージのキープに成功、下りでピエール・ローラン(チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデール)が先頭に出ると、特徴的な九十九折りの2級モンヴェルニエ、中間スプリントポイントを独走、超級クロワ・ド・フェール峠で追走していたアレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム)、ステフェン・クライスヴァイク(チーム ロットNL・ユンボ)らと合流し11人で登坂開始、メイン集団はチーム スカイのコントロールで4分程度後方を走る。

山頂まで19km地点でクライスヴァイクが1人抜け出し独走開始、バルギルやマイカ、ダニエル・マルティネス(チームEFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデール)、ミケル・ニエベ(ミッチェルトン・スコット)らが追走するもタイム差はどんどん開いていく。クライスヴァイクはそのまま山頂を先頭通過、下りではメイン集団が徐々に差を詰め追走グループを全員吸収、前方はクライスヴァイクのみとなった。

沿道に大勢の観客が待ち構える超級ラルプ・デュエズにクライスヴァイクから遅れること4分20秒、31人にまで人数を減らしたメイン集団はヨナタン・カストロビエホ、ミカル・クヴィアトコウスキー、エガン・ベルナル(共にチーム スカイ)が立て続けにペースを上げ、みるみると人数を減らした。ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)やナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム)がアタックするも単発に終わり、ペースを刻むメイン集団から抜け出すことができない。

残り距離4kmでトム・デュムラン(チームサンウェブ)がペースアップをはかるとニバリが落車、カウンターでクリス・フルーム(チーム スカイ)がアタック、ロメン・バルデ(アージェードゥゼール・ラ・モンディアル)が追うも差がひらく。マイヨ・ジョーヌ着用中のゲラント・トーマス(チーム スカイ)はデュムランのチェックをしている。

山頂まで3.5kmでフルームが先行していたクライスヴァイク(敢闘賞)を追い抜き単独先頭へ、デュムランがトーマスとバルデを連れてフルームに追いつく。バルデがアタックするとフルームがチェック、4人で牽制しながら残り距離を減らしていく。ミケル・ランダ(モヴィスター チーム)が追いつくと再びバルデがアタックで抜け出し、フルームのチェックで追いつく。デュムランがすかさずカウンター、チェックしていたトーマスだけついていく。残り距離1kmまで4選手での睨み合いでランダが再び追いつき、ラスト700mでランダがロングアタックを仕掛けると全員がついていく、ゴール前200mになるとスプリント勝負となり加速したトーマスが後続に2秒のタイム差をつけてフィニッシュ。ラルプ・デュエズを制した初めてのイギリス人であり、ラルプ・デュエズ山頂フィニッシュをマイヨ・ジョーヌの着て勝利した初めての選手となった。

また、ドミトリー・グルズジェフ(アスタナ プロチーム)とレイン・タラマエ(ディレクトエネルジー)が制限時間内にフィニッシュできず失格となっている。

「言葉にならない、幼いころに憧れの選手たちが走るのをみていた象徴的なステージで勝利できたことが信じられない(チームのリーダーはフルームだよ)」(トーマス勝利後インタビュー)

第12ステージ結果

1 ゲラント・トーマス(チーム スカイ/イギリス)in 05h 18'37''
2 トム・デュムラン(チームサンウェブ/オランダ)at 00'02''
3 ロメン・バルデ(AG2R/フランス)at 00'03''
4 クリス・フルーム(チーム スカイ/イギリス)at 00'04''
5 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)at 00'07''
6 プリモシュ・ログリッチェ(チーム ロットNL・ユンボ/スロベニア)at 00'13''
7 ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ/イタリア)at 00'13''
8 ヤコブ・フグルサング(アスタナ プロチーム/デンマーク)at 00'42''
9 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)at 00'47''
10 ステフェン・クライスヴァイク(チーム ロットNL・ユンボ/オランダ)at 00'53''
・・・
12 ダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ/アイルランド)at 01'45''
13 ボブ・ユンゲルス(クイックステップフロアーズ/ルクセンブルク)at 03'09''
14 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)at 04'29''
15 イルヌール・ザカリン(チーム カチューシャ・アルペシン/ロシア)at 04'29''

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧