人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2018年7月4日

「エース」はどうやって決まるのか? / Tour de France 2018

ツール・ド・フランス by 米山 一輝
  • Line

自転車ロードレースは、チーム競技だ。形式としては全ての選手がスタートからゴールまで走り、最初にゴールした選手が優勝となる個人競技。だが、実際は各チームが特定の選手を「エース」として立て、エースが最大限の結果を残せるように、他の選手は「アシスト」としてエースを助けながら走る。各チームが異なるタイプの選手を組み合わせて勝利を目指すプロセスは、ロードレースにおける醍醐味のひとつだ。

チームがエースとして指名した選手は、チーム内で最も小さな番号のゼッケンを付けるのが慣例だ。ゼッケン番号は百の位と十の位がチームを、一の位の1~8がチーム内での選手ナンバーを表す。つまり「1」や「21」「131」といった風に、ゼッケン番号の一の位が「1」である選手が、各チームのエースということになる。野球で言えば4番バッター、サッカーならエースストライカーにあたる、花形のポジションだ。エースナンバーをつけてツール・ド・フランスに臨むだけでも、選手にとっては大きな名誉であるといえる。

このエースナンバーを誰が付けるかは、すなわちチームが何を一番に目指して走るか、ということでもある。たとえば前回大会を含め、過去4度の総合優勝を誇るクリス・フルームがエースになるチーム スカイは、当然のことながら3週間全体を通した個人総合優勝を狙うし、高いスプリント力をもちある程度の上りもこなす、現世界チャンピオンのペーター・サガンがエースのボーラ・ハンスグローエは、ステージ優勝とマイヨ・ヴェール(総合ポイント賞)を狙う、といった具合だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧