人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2020年2月10日

ペイントアタックの重要性を示したトップチームによる2連戦

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line
【2019-20 B.LEAGUE NOTEBOOK 15】

B1最高成績を残していた川崎ブレイブサンダース対宇都宮ブレックスの2連戦はファンの期待を裏切らない激戦となり、1勝1敗という結果に終わった。2月9日の試合は、宇都宮は天皇杯を含めて4連敗していた川崎にこれ以上負けられないという危機感がファンを含めた会場全体に浸透。後半にディフェンスの質が上がり、オフェンスでもペイントにアタックして得点を狙う姿勢を何度も見せたことによって、勝利を手にできたと言っていい。

【2019-20 B.LEAGUE NOTEBOOK 15】

8日の初戦、川崎は天皇杯準決勝で大勝した際3Pを10本決めていたが、佐藤賢次コーチはドライブでペイント内をアタックすることを重視したゲームプランを用意。藤井祐眞を中心にスクリーンを使ってのドライブ、オフボールのカットでボールをもらってのアタックなど、3Pを警戒していた宇都宮の裏を突くような展開で主導権を握っていた。
「終始ブレックスさんの激しいディフェンスに苦しめられた試合になりましたが、それは予想していて、激しく来る中でしっかりリングにアタックしようと(話をしていて)」と佐藤コーチが振り返ったように、川崎は藤井のアシストからジョーダン・ヒースがアリウープダンク、ニック・ファジーカスもミスマッチとなるとすぐにペイント内へとディフェンダーを押し込み、得意のプッシュショットで得点を量産。藤井のドライブも効果を発揮するなど、ペイント内のスコアで42対24と圧倒していた。

【2019-20 B.LEAGUE NOTEBOOK 15】

この日の宇都宮は、ディフェンスで後手後手になった状況が修正できないまま試合が進行。オフェンスではしっかりとボールを回し、オープンの3Pシュートを打つ機会も多かった。成功数は11本を数えたものの、FG成功率が36.8%。何が違うのかと考えたとき、ペイントアタックで得点するという姿勢で川崎がより強気だったという印象を持った。

そうなってしまった一因として、機動力、身体能力、サイズと腕の長さを備えたヒースの存在があげられる。リングをプロテクトできるショットブロッカーの存在は、ディフェンス面でアドバンテージになる。8日の宇都宮はヒースによってミスショットとなったシーンや、アタックしてもすぐにアウトサイドへキックアウトしてからの展開の連続していた。「ヒースとファジーカスが本当に大きいので、ドライブしに行ってもいうのがあるんですよね」という渡邉裕規の言葉は、強気に攻めきれなかったことを象徴するものだった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ