人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2021年12月22日

全文公開!高田真希(桜花学園→デンソーアイリス)| ウインターカップ開幕直前 卒業生インタビュー

ウインターカップコラム by J SPORTS 編集部
  • Line
高田真希選手

高田真希選手

10年以上日本代表選手としてプレーしている高田真希(*高田の「高」はしごだか)は、国際試合で10cm以上大きな相手とタフに渡り合う。そんな彼女の心身両面での強さは、子どものころにやっていた空手が役立っているという。勝つことが当たり前と言われる桜花学園で過ごした高校時代には、ウインターカップで辛い敗戦を経験したものの、3年生のときに三冠を達成している。今回のインタビューでは、ウインターカップの思い出について時間が許す限り話してもらった。

Q 桜花学園時代の話を聞きますが、井上眞一先生もとても細かいと思いますが、コーチとしてすごいところは?
「井上先生のすごいところは、本当に高校でも優勝を何十回もしていますし、いろいろな選手を日本代表を含めて輩出しているので、それくらいの指導力というのはあるんだなというのが、すごいところではあります。昔からいまだにそういうのが続いているので、指導力というのはすごいなと思いますし、自分自身はセンターとしてポストプレーだとか、センターのディフェンスとかをたくさん教わってきたんですけど、そういうところが本当に特別なことを何かしているんじゃないかと思われんですけど、桜花学園は…。いい選手もたくさんいますし、特別な練習をしているのかと思われるんですけど、自分たちからすれば基礎練習しかほぼしていないので、そういったところをできるまで徹底、それこそトム(ホーバス)さんと本当に一緒で、徹底させてできるまでやらせますし、そこをしつこくやることによって、試合に出たときに基礎練習ができた状態で臨めるので、いつも通りの自分たちのプレーができます。そういった細かいところまで徹底してやるというのは、いい指導者の一つの秘訣だと感じるところかもしれないです」

Q ウインターカップに出て率直に覚えていることを話してもらえますか?
「自分が3年生のときには優勝しているんですけど、1年生と2年生のときは優勝できていないので、とにかく“ウインターカップだけは勝ちたいな”という気持ちはすごく3年生のときすごく持っていました。勝つことが当たり前というところではあるので、勝つことが当たり前ですし、優勝して当たり前、三冠を狙いに行くのが自分たちの目標でもあったので、インターハイと国体で優勝して、最後のウインターカップを勝つことができてもちろんうれしかったんですけど、ホッとしたという気持ちが強かったです」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ