人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年11月8日

【Bリーグ 2018-19第9節 千葉 vs 琉球プレビュー】琉球にとっては昨季のリベンジマッチ。激しいディフェンスを武器とする両チームの対戦

B.LEAGUEコラム by 片岡秀一
  • Line

B.LEAGUE発足後、いや、その前から、琉球ゴールデンキングスは成長し続けているクラブだ。「沖縄をもっと元気に!」を活動理念に掲げる同クラブは、スポーツが生み出すことの出来る価値を『人が人らしく生きていくために必要なパワー』とし、『興奮・感動・情熱・勇気・希望・夢』の創出を目指すという明確な意思を様々な局面で発信。着実かつ大胆な行動の数々でバスケット界でも存在感を放っている。

ここ数シーズン、大胆な選手補強でオフの注目を集めるが、昨季加入#33アイラ・ブラウン、今期加入#1橋本竜馬、#3並里成らも、クラブの目指すビジョンへの共鳴、ブースター・ファンの存在を口にする事も多い。

強い意思の結実の1つは、第7節、アウェーでのアルバルク東京戦での2連勝ではないか。2016年9月のB.LEAGUE開幕節では連敗を喫した同チームへの2連勝の勝因は、見事な連携の守備を見せた事だ。#1橋本、#14岸本隆一らが同時出場する時間帯のミスマッチも、#12ジェフ・エアーズ選手の絶妙なポジショニングを交えた全体の連動で危機を回避。B.LEAGUE開幕節での連敗を知る#14岸本選手が、語気強く試合後インタビューに応じる姿からは、琉球が過ごしてきた日々の濃密さを物語っていた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧