人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年4月16日

【2017-18 B.LEAGUE NOTEBOOK 25】筆者独断による今週のスターたち

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

★★:伊藤達哉(京都ハンナリーズ #3)

レバンガ北海道との2連戦、いずれも73対71で競り勝った京都ハンナリーズ。ポイントガードの伊藤達哉は1戦目で10点、7アシスト、2戦目で14点、9アシストという活躍で勝利に貢献した。インサイドを支配できるジョシュア・スミスをうまく使いながら、自身もいいたいミグで得点に絡むバランスのよさは、京都が西地区2位の座を確保できた理由の一つ。北海道戦は2試合で9本と、ターンオーバーの多さがマイナス要素。それでも、クイックネスを武器にアグレッシブにゲームを作ろうとする姿勢は、チームの武器になりつつある。

★:マイケル・パーカー(千葉ジェッツ #3)

苦戦中の西宮ストークス相手といえ、2試合とも20分間の出場で、1戦目が10本中9本のFGを成功させるなど23点。2戦目も9本中7本のFG成功を含む17点、10リバウンドのダブルダブルを達成し、東地区優勝に少しずつ近づく意味のある勝利に貢献した。帰化選手というアドバンテージがあるといえ、スティールできなくてもパスを弾き出すディフレクション、相手のオフェンスを読んだ巧妙なディフェンスは、千葉が強さを発揮できる要因の一つ。オールラウンドなスキルと老獪さを持ったベテランとして、強い存在感を示している。

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ