人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年2月6日

降り注ぐ陽光、そよぐ風、溢れる希望「スプリングトレーニングの起源と変遷」

MLB nation by 豊浦 彰太郎
  • Line

「野球のない冬の間はじっと窓を見つめ春が来るのを待っている」ロジャース・ホーンスビー(1920年代に2度三冠王に輝く、1942年殿堂入り)

NFLのスーパーボウルが終わると、いよいよベースボールのシーズン到来だ。来週、各球団のバッテリー組がキャンプインする。ファンは昨年のワールドシリーズが終わった瞬間から、この日をカウントダウンしながら待ち続けていたのだ。

スプリングトレーニングの起源に関し、記録に残っている最も古いものは1870年だ。最古のプロ球団であるシンシナティ・レッドストッキングスとシカゴ・ホワイトストッキングスが、ルイジアナ州ニューオリンズでトレーニングを行ったという。

現在スプリングトレーニングは、フロリダのグレープフルーツ・リーグにせよ、アリゾナのカクタス・リーグにせよ、開催地に大きな経済効果をもたらすビッグビジネスだ。各自治体は誘致・引き留めにやっきになっているが、スプリングトレーニングはその黎明期からビジネスとしっかり結びついていたようだ。

1890年代には、スタンダード石油の創立者として知られる実業家のヘンリー・フラッグラーがフロリダのセントオーガスティンまで鉄道を敷かせホテルを建設し、スプリングトレーニングを観光資源のひとつとして活用していた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧