人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年1月22日

球場トレンドの歴史は繰り返す「人工芝が再流行?多目的化も?」

MLB nation by 豊浦 彰太郎
  • Line

野球ファンの琴線に触れる佳作を多く残したW・P・キンセラの短編のひとつに、「天然芝の歓び」がある。1981年シーズン中の選手会ストライキ期間に、ファンが毎晩球場にこっそり侵入し少しずつ人工芝を剥がしてしまう。そして、長かったストが終わり、選手と観客が戻ってくると、フィールドは美しい天然芝に変わっていた、といういわば野球のおとぎ話だ。

来年オープンするレンジャーズの新球場「グローブ・ライフ・フィールド」(今季までの現球場はグローブ・ライフ・パーク。ネーミングライツ保有企業が同じためだが、チトややこしい)には、人工芝が敷かれる可能性があるようだ。すでに多くのメディアが伝えている。

また、ダイヤモンドバックスの本拠地チェイス・フィールドも、今季からその天然芝を人工芝に変更することが決まっている。この2球場に共通しているのは開閉式の屋根を持つということだ。人工芝採用(およびその可能性)の要因はここにある。

グローブ・ライフ・フィールドは、1994年にオープンした現球場(当時の名称はザ・ボールパーク・イン・アーリントン)のすぐ隣に建設中だ。まだ四半世紀しか経っていない球場に見切りをつけるのは何とももったいない印象があるが、これはファンが求める快適性がこの間さらに高まったためだ。真夏には灼熱地獄となるテキサスの気候に対応するには、エアコンディショニングとそれを可能にするルーフが不可避ということらしい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧