人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2020年12月22日

絶対王者がまさかの欠場!堀島行真は総合Vがマストのミッションに

ブラボー!!モーグル by Bravoski(ブラボースキー)
  • Line

まさかの骨折で連覇にストップがかかったキングズベリー。カムバックを待ちたい

'21シーズン序盤戦の北欧ラウンドが終了した。今季はいろいろな意味で“何が起こるか分からない”シーズンだが、早くもまさかの事態が発生した。W杯10連覇を目指していた“絶対王者”ミカエル・キングズベリー(カナダ)が負傷欠場となったのだ。
開幕戦会場となった、ルカ(フィンランド)でのトレーニング中に、エアのランディングに失敗し脊椎を骨折したのである。脊椎の骨折というのは選手生命に関わるものだが、幸い神経に影響がなかった模様。本人は復帰を前提にとしているとのことでまずは一安心だ。
絶対王者が不在によりプレッシャーが高まったのが、2シーズン連続総合2位の堀島行真だろう。ナンバー1を目指す堀島にとってはキングズベリーとの直接対決抜きでのシーズン制覇は本意ではないだろう。だが、ここで総合2位以下に甘んじては、いつかカムバックする好敵手に合わせる顔がない。なんとしても、総合優勝を果たしたいところである。

選手・関係者はマスク着用も レースの中身はコロナの影響なし

これまで行われた3戦を振り返ってみたい。まず、ルカで行われた開幕戦(モーグル)での優勝者は、男子:堀島、女子:ペリーヌ・ラフォン(フランス)という順当な結果となった。
世界的なパンデミックにより、国によってオフシーズンの練習環境に差が生じたはずだが、開幕戦を観る限り、技術的な部分で影響はとくに見られなかった。むしろ、ターンテクニックを向上させている選手が目立ったほど。日本の女子選手もその典型だ。ただし、選手や関係者がマスク着用、本来なら自国五輪を控えて張り切っているはずの中国の選手のエントリーがないなど、いつものW杯とは違う風景であったのは確かだった。
そのほか、開幕戦でのリザルト的な特筆点は、男子で2位がタデ・マルコ(スイス)、3位がルドビッグ・ジャルストロム(スウェーデン)といった表彰台の常連ともニューカマーともいえない選手達が表彰台(実際はソーシャルディスタンス確保のために従来のような台は設置されていない)を記録したことである。これは、今季の大乱戦を予感させるものだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ