人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年6月20日

【ハイライト動画あり】9人の初キャップ含む日本代表がウルグアイに先勝。 代表デビューの根塚洸雅が先制トライ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

根塚洸雅

日本ラグビー協会はテストマッチ(国代表同士の試合)に認定された試合に出場した選手に飾り帽(キャップ)を贈る。以降は5キャップごとに帽子につける星が贈られるのが伝統だ。キャップ数は日本でプレーする選手の名誉の称号だ。その初の栄誉に9名の選手が浴した。その一人であるWTB根塚洸雅は言った。「最初は緊張していたのですが、ファンの皆さんが日本代表のジャージーを着て応援してくださっている姿を見て、今日はいい1日になったと感じました。最高のキャップがもらえました」

6月18日(土)、秩父宮ラグビー場には14,448人の観客が集った。「ほとんど」と言ってもいい数のファンが日本代表のレプリカジャージーをまとっていた。世界ランキングは日本代表が10位、ウルグアイ代表が19位だが、両チームとも2023年のラグビーワールドカップを見据えて若い選手を数多く起用しており、実力は未知数だった。午後3時6分、南米の雄ウルグアイ代表のキックオフで試合は始まった。

立ち上がりから主導権を握った日本代表はゴール前のラインアウトからモールや、サインプレーで仕掛けるがウルグアイ代表にサインを読まれるなど決定機を作れない。優位に立つスクラムからNO8テビタ・タタフがサイドアタックでゴールに迫るもボールをこぼしてトライならず。ようやくトライをあげたのは前半10分だった。ウルグアイ代表ゴール前5mの右ラインアウトから左に展開し、PR淺岡俊亮、CTBラファエレ ティモシーが縦に走り込む。ディフェンスを集めたところで最後はFB尾崎晟也のロングパスを受けたWTB根塚洸雅がインゴール左中間にトライ。田村優のゴールは決まらず、5-0となる。

防戦一方のウルグアイ代表はオフサイドなど反則が多く、前半16分、FLルカス・ビアンキがシンビン(10分間の一時退場)に。4分後には日本代表FB尾崎も空中のボールを競り合った際、先にジャンプした相手選手にコンタクトしたとしてシンビンになってしまう。互いにPGを決めあって、8-3となった前半終了間際、日本代表はラインアウトからの攻撃で現在127kgあるというタタフがSH小川高廣のパスを受けて突進。タックラーを弾き飛ばすのかと思いきや、細かいステップワークで2人をかわし、ゴール中央に躍り込む。15-3として前半は終了。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ