人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年6月6日

【ハイライト動画あり】大学王者・帝京大、課題修正し 早大から8トライ奪う快勝

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

帝京大学 vs. 東海大学

関東大学春季交流大会Aグループ注目の一戦は、昨季の大学王者・帝京大が修正力の高さを見せつける結果になった。6月5日、早大上井草グラウンドでの試合は有観客での開催。午後1時、早大CTB吉村紘(4年)のキックオフで始まった。先制したのは早大だった。前半5分、帝京大ゴール前5mの左ラインアウトからモールを組む。これは止められたが、すぐに右オープンに展開して、SH宮尾昌典(2年)からインサイドCTB吉村にパスが渡ると、SO守屋大誠(2年)が吉村の外側に回り込んでパスを受け、そのままインゴールに走り込んだ。吉村のゴールも決まって、早大が7点先取する。

直後のキックオフからは帝京大の連続攻撃が始まった。前週の明大戦ではハンドリングエラーなどで攻撃を継続できないことも多かったが、その点は修正されていた。素早いテンポでフェイズを重ね、最後はCTB二村莞司(4年)がゴール右中間にトライした。SO高本幹也(4年)のゴールも決まって7-7。同点となった後の早大のキックオフを確保した帝京大は、WTBツイナカウヴァドラ・ミティエリ(4年)が右タッチライン際をパワフルに駆け上がる。ド迫力のランで次々にタックルをかわして前に出ると、大きく左オープンに展開してWTB高本とむ(3年)もゲイン。FW陣の縦突進もからめながら、最後は再びミティエリがボールを持って、3人のタックルをかわして右中間にトライをあげた。まさに縦横無尽。ミスなくボールをつないだ逆転トライだった。

パワーとスピードを兼ね備えたランナーが複層的なフォーメーションから走り込んでくる帝京大のアタックに対して、早大は接点で食い込まれ、ミスタックルを連発してしまう。帝京大は、LO山川一瑳(4年)、FL青木恵斗(2年)、奥井章仁(3年)らが次々にボールを持って早大ディフェンスに圧力をかけた。前半18分、ラインアウトからモールを押し込み、HO福井翔(4年)がトライ。21分には早大のパスをインターセプトした二村がそのままトライして、24-7とする。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ