人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月27日

大本命同士の頂上決戦 攻めの東京サンゴリアスか、守りの埼玉ワイルドナイツか

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

東京サンゴリアス vs. 埼玉ワイルドナイツ

開幕年のリーグワンはコロナ禍で苦しんだ。不戦勝、不戦敗が勝ち点争いに影響し、本命が勝ち残れないのではないか。そんな心配もあった。しかし、それは杞憂だった。日本ラグビー最高峰の戦いは「トップリーグ」から、「リーグワン」と名を変え、大会方式も運営形態も一新されたが、トップリーグ最後も、リーグワン最初も、決勝カードは東京サンゴリアス(東京SG)対埼玉ワイルドナイツ(埼玉WK)に落ち着いた。ともに日本代表候補選手を多数擁し、実力は拮抗。どちらがリーグワン初代王者に輝くのか予断を許さない戦いだ。

トップリーグ最後の決勝戦では、埼玉WKが31-26で勝利。この試合で引退した福岡堅樹の左コーナーへのトライは印象深い。ディラン・ライリーの値千金のインターセプトからのトライもあった。リーグワンでは2月26日、カンファレンス間の交流戦で対戦し、34-17で埼玉WKが勝ってる。このときも、後半30分過ぎ、ディフェンスからの切り返しで勝利を決めるトライをあげたのは、ディラン・ライリーだった。

東京サンゴリアススターティングメンバー

27日に発表されたメンバーでは、準決勝から東京SGは先発15名で2名の変更。身長206cmのLOハリー・ホッキングスが欠場し、小林航が出場する。ホッキングスは今季ラインアウトスチール数がディビジョン1最多の10回。キックオフでも再三にわたって相手ボールを奪うなどハイボールには無類の強さがある。ホッキングス不在は空中戦には影響がありそうだ。また、NO8箸本龍雅に代わっては、トム・サンダースが先発する。機動力あるFWと、WTBテビタ・リー、CTBサム・ケレビ、FBダミアン・マッケンジーといった決定力あるアウトサイドBKを、SH流大、SO田村煕、CTB中村亮土が卓越したスキルで操る。埼玉WKのディフェンスとの我慢比べになると苦しい。短い時間で切り裂くような攻撃を見せたいところだ。

埼玉ワイルドナイツスターティングメンバー

対する埼玉WKは準決勝から先発で4名の変更がある。先発だったPR平野翔平がリザーブに回って藤井大喜が今季初先発。仕事人のLOジョージ・クルーズが復帰し、NO8ジャック・コーネルセンヒーナン ダニエルに代わってLOに上がり、NO8に布巻峻介が入る。BKでは、SH小山大輝に代わって内田啓介が先発復帰。埼玉WKの選手層の厚さが光るメンバー編成だ。ターンオーバー能力の高い両FLベン・ガンターラクラン・ボーシェーに加えて、仕事人のクルーズが復帰したのはディフェンスの厚みという面でも大きい。ファンタジスタのSO山沢拓也は決勝でも創造的なプレーを披露するだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ