人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月23日

【ハイライト動画あり】埼玉ワイルドナイツ、2年連続の頂点に王手 クボタスピアーズ船橋・東京ベイに快勝

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

竹山 晃暉(埼玉ワイルドナイツ)

5月22日(日)、快晴の秩父宮ラグビー場には今季最多の15,482人の観衆が集った。前日のプレーオフ準決勝第1試合では東京サンゴリアス(東京SG)がブレイブルーパス東京(BL東京)を破って決勝進出を決めた。東京SGとともにファイナリストとなるのはどちらかのか。リーグ2位・埼玉ワイルドナイツ(埼玉WK)と3位・クボタスピアーズ船橋・東京ベイ(S東京ベイ)の戦いは、午後2時5分、埼玉WKのSO山沢拓也のキックオフで始まった。やや深めに蹴り込んだボールに対し、埼玉WKのCTBディラン・ライリーが猛然とプレッシャーをかける。

前半2分、S東京ベイのCTB立川理道キャプテンの好キックで埼玉WKゴールライン直前のラインアウトになるが、ここは難なく埼玉WKが確保してピンチを脱する。直後のS東京ベイボールのラインアウトを埼玉WKがスチールし、WTBマリカ・コロインベテが一気に相手陣に入る快走を披露する。ラインアウトについては、埼玉WKの劉永男ラインアウトコーチを軸にしたラインアウトチームの分析が的中していた。

先制トライは、前半7分、ハーフウェイライン付近のS東京ベイボールのラインアウトを奪い取ったところから始まった。40歳のベテランLOヒーナン ダニエルが突進してできたラックのサイドを、23歳のLOエセイ・ハアンガナが抜け出して前進すると、スピード自慢のSH小山大輝、SO山沢のHB団が素早くサポートして山沢がインゴールに駆け込む。埼玉WKの得意とするターンオーバーからの速攻によるトライだった。

S東京ベイも前半15分、SOバーナード・フォーリーのPGで3点を返し、30分過ぎからは何度も埼玉WKゴールに迫った。しかし、得意のモールを埼玉WKに止められ、簡単には得点できない。36分、ゴール前右ラインアウトのモールが止められると、左、左へ繰り返し縦突進してディフェンスを崩しにかかる。ゴールポストからやや左のラックから4人が並ぶBKラインに展開し、SOフォーリーが左端のタッチライン際にスペースがあると見てロングパス。パスが通ればトライの可能性もあったが、これを、埼玉WKのWTB竹山晃暉がものの見事にインターセプトし、そのまま約90mを駆け抜けた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ