人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月2日

【ハイライト動画あり】強い東芝が帰ってきた! 東芝ブレイブルーパス東京、首位・東京サンゴリアスに快勝

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

試合後、共同キャプテンの小川高廣は言った。「東芝が帰ってきたなと思います!」。現在のチーム名は東芝ブレイブルーパス東京(BL東京)だが、2003年から2021年に行われたトップリーグでは、東芝府中ブレイブルーパス(2003~2006)、東芝ブレイブルーパス(2006~)として戦った。小川キャプテンの言う「東芝」は、トップリーグで5度の優勝を成し遂げた「強い東芝」をさしている。相手のタックルをものともせずに突進し、ドライビングモールでトライを奪い、激しいタックルでターンオーバーを勝ち取る。そんな黄金時代を思い起こさせる戦いだった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

5月1日、東京都調布市の味の素スタジアムには、10,169人の観衆が集った。首位の東京サンゴリアス(東京SG)をホストチームとして迎え撃つBL東京は4位(勝ち点44)。プレーオフ進出枠の4位以内を争うトヨタヴェルブリッツは、4月30日のリコーブラックラムズ東京に勝って勝ち点を46とし、横浜キヤノンイーグルスはこの試合の直前、コベルコ神戸スティーラーズに敗れて勝ち点41にとどまっていた。つまり、BL東京が勝てば横浜Eの4位以内はなくなり、最終節でトヨタVとの勝ち点争いに絞られる状況だった。

降りしきる雨の中、東京SGのキックオフで試合は始まった。前半4分に東京SGのFBダミアン・マッケンジーが先制PGを決めるが、互いにボールを動かし、激しくタックルする緊張感ある攻防が続いた。23分、29分とBL東京SO中尾隼太がPGを決めて、6-3とすると、35分には、ラインアウトからのモールを押し込み、HO橋本大吾がトライをあげる。中尾がゴールも決めて、13-3と、BL東京リードで前半を折り返した。

J SPORTS 放送情報

後半に入ってもBL東京の勢いは止まらない。SH小川高廣、SO中尾隼太がテンポをコントロールしながらボール動かし、東京SG陣内に深く攻め込んだポイントから中尾が縦に仕掛け、そこにHO橋本が走り込み、タックルされながらパスを出して,FLマット・トッドがトライをあげる。中尾のゴールも決まって、20-3。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ