人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月22日

桐蔭学園の3連覇なるか、春の王者・東福岡の2冠か。第101回全国高校ラグビー大会は、12月27日開幕

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

第100回全国高等学校ラグビーフットボール大会 準々決勝 東海大仰星vs東福岡

年末年始はラグビーの全国大会が盛んに行われるが、もっとも長い歴史を誇る第101回全国高等学校ラグビーフットボール大会が、12月27日に開幕する。昨年は第100回の記念大会で史上最多の63校が参加したが、今大会は例年通り、47都道府県から51校が参加する。

12月4日に行われた組み合わせ抽選会で、3回戦(1月1日)までのトーナメント表が決まった。8つのブロックに分かれており、それぞれのブロックを勝ち抜いたチームがベスト8となり、キャプテンの抽選により準々決勝(1月3日)の組み合わせを決める。ベスト4も再度抽選を行い、準決勝(1月5日)のカードを決める。決勝戦は、1月8日(土)。すべて、東大阪市花園ラグビー場で行われる。

優勝争いは、3連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)、昨年のベスト4で96回大会王者の東福岡、4大会ぶりの優勝を目指す東海大大阪仰星のAシード校が軸になる。桐蔭学園は、連覇を達成したチームから、LO青木恵斗(帝京大)、NO8佐藤健次(早大)と、すでに大学で活躍する主力が抜けたが総合力は高い。2年生で高校日本代表候補に選出されているFB矢崎由高のスピード、ランニングスキルの高さは見る物を魅了する。

春の高校選抜大会優勝の東福岡

春の高校選抜大会を制した東福岡は優勝候補の筆頭だろう。昨年のベスト4チームのNO8茨木颯、SO楢本幹志朗ら経験者もいる。グラウンドを広く使って攻める創造的なプレースタイルが伝統だが、今年のテーマは「フィジカル・バトル」。力強い戦いを加えて頂点に立てるか。そして、夏の全国高校7人制大会で優勝した東海大大阪仰星も高校日本代表候補のCTB中俊一朗、野中健吾など高校屈指の才能が揃う。昨年の準々決勝での東福岡と仰星の死闘(引き分け)は記憶に新しい。その決着戦の実現を待つファンは多いだろう。

この3校と、Bシードの10校=國學院栃木、流経大柏(千葉)、國學院久我山(東京)、京都成章、常翔学園(大阪)、大阪桐蔭、御所実業(奈良)、石見智翠館(島根)、佐賀工業、長崎北陽台は、2回戦(12月30日)から登場。シード校とはいえ、ノーシードにも実力者はいて、波乱もあるので2回戦も見逃せない。Bシードからの優勝も十分に可能性がある。昨年の準優勝校・京都成章は、優れたプレーメイカーであるSO大島泰真がいて大舞台にも慣れている。97、98、99回大会は、前年に準優勝したチームが優勝しており、経験値からしてもチャンスはあるだろう。準優勝4回の御所実業も粘り強い。このチームを一から鍛え上げた竹田寛行監督は昨年度で教員を定年退職。監督に専念して初の花園だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ