人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年12月6日

【ハイライト動画あり】デビュー戦の福本優斗、逆転PG成功! 天理大が同志社大に終了間際の劇的勝利

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

天理大学

関西の大学ラグビーを引っ張ってきた好敵手の意地とプライドがぶつかり合う激闘だった。前節で京産大近畿大の1、2位は確定しており、3、4位の順位決定戦となったが、昨季の学生王者・天理大と、春の関西王者・同大はひたすらに目の前の勝利を追いかけた。その思いが見る者の胸を打った。

同大の南光希キャプテンは言っていた。「大学選手権に向けて、いいスタートを切りたいです」。天理大の小松節夫監督は「このチームはまだまだ伸びる。刺激を与えたい」と、リーグ戦デビューとなるSO福本優斗(2年)、WTBナイバルワガ トマシ(1年)を抜擢。FWの主軸であるアシペリ・モアラ(4年)をリザーブに回して、CTBマナセ・ハビリ(2年)、WTBアントニオ・トゥイアキ(3年)を先発させ、BKにボールキープ力のある選手を並べた。この試合は、すでに大学選手権の出場権を得ている両チームにとって、学生日本一に向かっての再スタートの戦いでもあった。

午後2時5分、久保修平レフリーの笛で激闘の幕が開いた。前半4分、同大がSO嘉納一千(2年)のPGで先制するが、天理大もSH北條拓郎(2年)、SO福本のテンポの速いパス回しで連続攻撃を仕掛ける。これをLO南、FL小島雅登(3年)らを筆頭に前に出るタックルで食い止める同大。集中力の高い攻防の攻防の中で同大PR山本敦輝(2年)が力強いジャッカルでピンチを防ぐ。

天理大学 佐藤康キャプテン

スコアが動き始めたのは、前半20分を過ぎてから。23分、天理大SO福本がPGを決め、29分には天理大が同大ゴール前のラインアウトからモールを押し込んで、キャプテンのHO佐藤康(4年)がトライをあげる。難しい角度のゴールを福本が決めて、10-3。直後の32分、同大の切り札2人がトライを生み出す。天理大のハイパントを自陣22mライン付近でキャッチした嘉納からボールはFB山口楓斗(4年)へ。山口は持ち前のスピードでディフェンダーをかわしながら一気に相手陣に入るとWTB和田悠一郎(4年)にパス。学生屈指のトライゲッターである和田がインゴールまで駆け抜け、嘉納のゴールも決まって10-10の同点となる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ