人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月24日

【ハイライト動画あり】早稲田、慶應を破り対抗戦優勝に望み 第98回早慶戦は前後半で真逆の展開に

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

第98回目のラグビー早慶戦は例年通り11月23日に行われ、早大が勝って関東大学対抗戦Aの優勝に望みをつないだ。空は前日までの雨がウソのように晴れ渡り、秩父宮ラグビー場の芝はまぶしいほどに輝いていた。バックスタンド裏のイチョウ並木も含め、大正11年に始まった定期戦が脈々と歴史を繋いできたことに感謝したくなる景色が広がっていた。

観客は制限付きのなかで、1万597人。まんべんなくスタンドを埋めた。午後2時、早大ボールのキックオフ。慶大は蹴り返さず、徹底して連続攻撃を仕掛けた。猛攻をしのいだ早大は、前半5分、ゴール前でパスを受けたNO8佐藤健次(1年)が体を反転させてタックルをかわしてトライ。SO伊藤大祐(2年)のゴールも決まって7-0とリードする。

自陣から攻撃を仕掛ける慶大に対し、早大はCTB長田智希キャプテン(4年)の力強いタックルなどで反則、ミスを誘う。対する慶大も、FL山本凱(4年)のジャッカルで攻撃を寸断、一歩も引かない。拮抗した状況を打破したのは、やはりこの人、早大FB河瀬諒介(4年)だった。前半17分、攻撃ラインに参加して一人二人とタックルをかわすと、FL相良昌彦(3年)にパス。トライ、ゴールが決まって、14-0とする。

慶大も21分、早大の反則で得たPKからタッチキックで早大陣深くのラインアウトを得る。今季の強みであるモールを組んで、約15mを押し込んでHO原田衛キャプテン(4年)がトライ。5点を返す。早大は慶大得意のモールを組ませないように、ジャンパーが競り合うディフェンスを選択したが、この日はそれがうまく機能しなかった。

しかし、アタック面では早大が決定力を見せつける。29分にラックサイドでSH宮尾正彦(1年)からパスを受けたHO原朋輝(4年)が抜け出し、21-5とリードを広げると、34分、圧巻のトライが生まれる。自陣で慶大の攻撃を食い止め、パスミスで転がったボールを、SO伊藤が慶大陣に蹴り込む。伊藤は転々とするボールをさらにドリブル、綺麗に縦回転で転がったボールがはね上がったところをキャッチしてポスト下に飛び込んだ。観客を驚かせるトライで28-5とすると、前半終了間際には佐藤健次がモールの中でいったん奪われかけたボールを再び奪い返してトライし、35-5とした。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ