人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月19日

京産大か、天理大か。優勝に近づくのはどっちだ? 関西リーグの首位攻防戦

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

平野叶翔(京都産業大学)

11月20日(土)、21日(日)、関西大学Aリーグは第6節を迎える。各チーム2試合を残し、順位争いはし烈だ。全国大学選手権の出場枠は当初発表された3チームから4チームに増えた。現在の順位では、1位・京産大(勝ち点23、5勝0敗)、2位・天理大(20点、4勝1敗)、3位・近大(19点、4勝1敗)、4位・同大(16点、3勝2敗)で、ここまでが選手権出場枠にいるが、5位の関西大が(9点、2勝3敗)で追っており、逆転の可能はわずかに残っている。優勝争いは同大までの4チームに絞られたが、第6節で最も注目されているのは、20日、神戸ユニバー記念競技場で行われる首位攻防戦、京産大対天理大だ。

アサエリ・ラウシ(10/24 京都産業大学 vs. 摂南大学)

京産大は第5節で春の関西王者・同大を破った(11月6日、天理親里競技場)。前半から拮抗した展開になったが、伝統のスクラム、モールで圧力をかけ、LOアサエリ・ラウシが2トライ。後半20分に逆転を許すも、17-19で迎えた試合終了間際には、自陣からNO8藤井颯(4年)が抜け出してチャンスを作り、最後はFL三木皓正(2年)が劇的な逆転トライを決めて見せた。8チームの中で唯一5戦全勝の京産大は23年ぶりの優勝が視野に入っている。天理大に勝てば頂点は大きく近づき、近大が21日に摂南大に負けるか引き分けるかで優勝が決まる。敗れると、勝ち点で天理大、近大に逆転される可能性がある。必勝態勢の戦いだ。

アシペリ・モアラ(9/19 近畿大学 vs. 天理大学)

対する天理大は、開幕戦で近大に敗れたものの、その後は着実に調子を上げながら白星を重ねている。昨季の学生日本一メンバー、LOアシペリ・モアラ(4年)、FL服部航大(4年)、NO8山村勝悟(3年)らも調子を上げている。6連覇を達成するためには、残る京産大戦、同大戦(12月4日)に連勝することが求められるが、その力は十分にあるだろう。もし、京産大に負ければ、その時点で優勝は消滅する。

11月18日に発表されたメンバーを見ると、京産大は同大に勝ったメンバーとまったく同じ布陣。スクラムの軸であるPR平野叶翔(4年)を筆頭に、フナキ・ソロモネ(1年)、アサエリ・ラウシ(3年)というパワフルな両LO、廣瀬佳司監督が絶大な信頼を置く福西隼杜(3年)、三木、藤井のFW第三列など不動のメンバーが並ぶ。SH廣田瞬(4年)、SO家村健太(3年)を中心にパスとキックを織り交ぜて強力FWを前に出し、スクラム、モールで天理大にプレッシャーをかけ続けたい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ