人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月14日

埼玉パナソニックワイルドナイツWTB竹山晃暉が語る 高校ラグビーの魅力&リーグワンへの想い

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

竹山晃暉選手

コロナ禍で開催された第100回全国高校ラグビー大会は桐蔭学園の連覇で幕を閉じた。果たして101回目の大会を制するのはどの高校なのか。全国各地で予選が行われ、次々に出場チームが決まる。日本一を目指す高校生たちの冬はこれからが本番だ。今回お話を伺ったのは、埼玉パナソニック ワイルドナイツの竹山晃暉選手。奈良県の御所実業で2度「花園」に出場し、第94回大会では準決勝で劇的な決勝トライをあげている。高校ラグビーの魅力、花園の思い出、そして、花園終了後に開幕するリーグワンへの抱負も語ってもらった。

――高校のラグビー部時代はどんな生活だったのですか。
「高校1年生のときは寮生活でした。寮とは言っても竹田寛行監督のご自宅です。高校に入学した頃の僕の体重は70kgに届かないくらいで、竹田先生から、『試合に出たかったら75kg以上になれ』と言われて、先生の家に住むことになりました。朝と夜はご自宅でたっぷり食べさせてもらって、昼は先生の奥さんがお弁当を作ってくれました」

――そのとき、先生の自宅には何人くらいのラグビー部員がいたのですか。
「12人です。二段ベッド6セットで寝ていました(笑)。先生はグラウンドでは厳しいですが、家に帰るとお父さんみたいでした。僕も心を開くことができて、彼女ができた話もしましたし、先生にはなんでも話しましたね。体重はすぐに増えたので、2年生からは自宅から通学することになりました」

――ラグビー一色の生活だったのでしょうね。
「僕は農業科だったので、ラグビーと農業です。農作物を育て、米を作ったりしていました。僕は奈良県出身で家のまわりには田んぼがたくさんあって、幼いころから田んぼに入って遊んでいたので抵抗はなかったです」

――御所実業の練習環境はどうでしたか。
「僕が高校生の頃は、グラウンドはまだ土で(現在は人工芝)、冬の朝はカチカチに凍結し、お昼ごろにはどろどろになりました。ウェートトレーニングの器具を置く場所もなかったですね。でも、竹田先生はラグビーを人間育成と場と考えられていたので、ラグビーによって人として成長できるということを学ぶことができました」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ