人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月10日

大田尾ワセダのプレースタイルとは? 関東大学対抗戦開幕戦で立教大と対戦

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

早稲田大 相良昌彦選手

2年ぶりの大学王座奪還を期し、早大はOBで元日本代表SOの大田尾竜彦氏が監督に就任した。選手として長らくヤマハ発動機ジュビロの戦略を司り、2018年からはヤマハのBKコーチ、アタックコーチを務め、攻撃戦略には確かな理論を持つ。これから始まるシーズンで早大のアタックがどう変化するのか興味深い。早大が所属する関東大学対抗戦Aは、9月12日に開幕する。早大は埼玉県の熊谷ラグビー場で立教大との対戦だ。昨季の両チームは、10月11日に対戦し、46-7で早大が勝っている。本稿執筆時点で試合のメンバーは不明だが、開幕戦は各チームが現状のベストメンバーで臨む。好スタートを切るためにも両チームにとって大切な試合になる。

早稲田大 小林賢太選手

早大は昨季の大学選手権準優勝メンバーから、キャプテンのNO8丸尾崇真、LO下川甲嗣、PR久保優らFWの中心選手が抜けた。1年生から活躍するFL相良昌彦(3年)、走力あるPR小林賢太(4年)、LO桑田陽介(4年)ら経験ある選手に期待がかかるが、スーパールーキーのFL佐藤健次(1年)の突破力は大学レベルでも十分に通じる。大田尾ワセダの新しい攻撃スタイルの中で、彼らがどのように機能するのか楽しみだ。

BKは、キャプテンのCTB長田智希(4年)、FB河瀬諒介(4年)ほか大学レベルでは図抜けたタレントが揃う。注目の1年生はSH宮尾昌典だ。昨季の全国高校大会では京都成章のキャプテンとしてチームを準優勝に導いた。早大のSH陣は層が厚い。ディフェンダーをかく乱する変幻自在のパスワークで1年生から活躍できるかどうか。今季の早大のスローガンは「Be Hungry」。日本一になるその瞬間まで貪欲に成長を続けるチームを目指すということで、強化しているフィジカル面、ブレイクダウン(ボール争奪戦)でレベルアップを感じさせ、アタック、ディフェンスともに変えたストラクチャーを精度高くできるかどうか。昨季大勝した相手だが、丁寧に戦いたい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ