人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月7日

明大の3連覇か、早大、帝京大が止めるのか。 優勝争い混沌の関東大学対抗戦A

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

関東大学対抗戦

トップリーグに代わる新リーグ「ジャパンラグビーリーグワン」は、2022年1月開幕だが、この秋、ラグビーファンを楽しませてくれるのが、東西の大学ラグビーリーグだ。なかでも関東大学対抗戦Aは強豪がひしめいている。昨年度の大学王者は天理大学だが、その前の3年間の大学王者(帝京大、明治大、早稲田大)が所属する。この3チームは年末年始の全国大学選手権でも優勝を争う実力があり、対抗戦Aからは開幕戦から目が離せない。

開幕に先立ち、9月6日、関東の大学チームがオンラインで記者会見を行った。関東大学対抗戦Aの8チームも、監督、ヘッドコーチが揃ってシーズンへの抱負を述べた。対抗戦での3連覇がかかる明大は、今季より神鳥裕之監督(前リコーブラックラムズ監督)が率いることになった。スローガンは、「MEIJI PRIDE」。部員一人一人が、歴史と伝統のある明治大学ラグビー部の誇りを再認識し、プレーや私生活全ての行動に明治としての誇りを持つ。そんな思いが込められている。

SH飯沼蓮キャプテン

明大は春からコロナ陽性者を出さず活動が継続できている。「FWのセットプレーを強みにして、アタック(攻撃)マインドの強いチームなので、素早いテンポでアタックしていきたいです」(神鳥監督)。SH飯沼蓮キャプテンを軸にLO武内慎(3年)らの強力FWで前に出て、CTB児玉樹(4年)、FB雲山弘貴(4年)を走らせたい。セブンズ日本代表の石田吉平もランニングスキルの高さで活躍するだろう。

昨季対抗戦2位の早大も今季より大田尾竜彦監督(前ヤマハ発動機ジュビロ・コーチングコーディネーター)が就任し、アタックのストラクチャーを変えるなど、大田尾色での強化に当たっている。「いろんなオプションを使いながらのアタック」(大田尾監督)が特徴になる。リーダーシップのあるCTB長田智希キャプテン、WTB槇瑛人(3年)、FB河瀬諒介(4年)らBKは決定力がある。理詰めでボールを動かし、ディフェンスを崩すプレーは楽しみだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ