人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年9月1日

【日本ラグビーを支えるスペシャリスト】毎日ラグビーをしても青々。「なんぼでも荒らしてくれ!」レッドハリケーンズを支える芝生職人の心意気

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

隅田昌宏さん、梅名裕介さん

ラグビー選手のパフォーマンスに芝生のコンディションの良し悪しが影響するのはよく知られるところだ。しかし、ラグビーの芝生管理は難しい。体格の大きな選手が走り回り、スクラムを組めば、どうしても芝が荒れてしまう。トップチームでは天然芝と人工芝などグラウンドを2面保有するチームも多い。そんななか、NTTドコモレッドハリケーンズ大阪の練習グラウンドは天然芝が一面しかないのに良好な状態が保たれている。多くの選手の証言もある。いったい、どんな人が、どんな思いをもって芝生管理をしているのか。レッドハリケーンズのグラウンドの管理を担当するのは京阪園芸株式会社。今回は、実際に手入れを担当する梅名裕介さん(72歳)、隅田昌宏さん(67歳)にお話を伺った。

――お2人がNTTドコモレッドハリケーンズのグラウンドの管理をするようになったのはいつからですか。
梅名 私は6年前からです。以前は運動施設のサラリーマンで多少芝生には関わっていたのですが、そこを定年退職して今の仕事を始めました。
隅田 私は2年目です。それまでは奈良市の鴻ノ池運動公園にある「ロートフィールド奈良(奈良市鴻ノ池陸上競技場)」の管理をしていました。

――芝生の管理というのは、具体的にはどんなことをするのですか。
梅名 芝生の刈り込み、肥料散布、薬剤散布、散水、年に2回オーバーシード(夏芝に冬芝の種子を蒔くなど一年中緑の芝生を維持する管理方法)という作業があります。大きく分類するとそんなところです。

――毎日、グラウンドには行くのですか。
梅名 ほとんど毎日ですね。芝を刈るのは3日に一回くらいのサイクルです。散水、肥料散布、薬剤散布、それらが日々のメインの仕事です。

――ラグビーの練習をすると、芝が荒れると思うのですが。
隅田 掘れてしまったところには砂を入れます。芝生は穴が開いてしまうと、そこから芽が出にくいのですが、砂を入れるとそこから芽が出てくるんです。穴を放っておくと選手がつまずいて怪我をしてしまうこともありますので。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ